So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

2018年9月23日、長野県松本市の涸沢へ [登山]

2018年9月23日、紅葉を見るために長野県松本市の涸沢に行きました。

過去の上高地付近の登山の記録です↓
前回は2013年10月13日、この時は紅葉のピークは過ぎていました^^;
 https://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2013-10-25


 2013年10月5日、長野県の前穂高岳(3090m)へ バスターミナルから山頂
   http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2013-10-19


2013年10月13日から、もう一度、紅葉の時期に涸沢に行こうと思っていました。
それから約5年が経過した2018年9月に涸沢に行く機会を得ました^^

9月23日は紅葉のピークではありませんでしたが、
晴天で秋の良い風景を見ることができました^^
(涸沢ヒュッテのホームページで確認すると、
 9月22日時点で紅葉は4割程度でした。)


05-swd1.jpg

◆5時20分頃の沢渡の駐車場の上空
 4時40分の始発のバスに乗車予定が、
 寝過ごして5時過ぎに目が覚める失態(-_-;)


10-swnd1.jpg

◆沢渡のバスターミナル、5時40分のバスで上高地に移動します。
 この時点で1時間のロスタイムです。


15-kkc1.jpg

◆上高地のバスターミナルを6時30分頃に出発。
 18時発の新島々駅行きのバスに乗車できるように涸沢まで往復する計画です。
 

20-myjn1.jpg

◆明神館を7時25分頃通過。


25-ksm1-.jpg

◆六百山、霞沢岳方面。山の名前は特定できません^^;


A500-myjn-0807.jpg

◆明神岳、上の写真と同じ付近から撮影。
 この付近は道路工事中で、河原の中を歩きます。


30-yokoo1.jpg

◆横尾付近、9時30分頃通過。出発から約3時間経過しています。
 ここから横尾大橋を渡って横尾谷方面に進みます。


46-yko4.jpg

◆横尾大橋から見る明神岳方面
 

50-1025.jpg

◆10時25分に見た屏風岩付近
 この頃、登山道は渋滞していました。


60-1035.jpg

◆見えてきました、北穂高岳に続く山並みです。


80-mtn2.jpg

◆ここは本谷橋、涸沢まで2.4km、横尾から2.8kmの地点です。


80-1047-htn1.jpg

◆本谷橋に10時45分頃到着。出発から4時間15分経過。
 本谷橋から先はここまでよりも勾配が急で、歩行速度がダウンします。
 

A100-1127-hnsw1.jpg

◆11時27分、横尾尾根の右俣付近と思います。



100-1143-krsw1.jpg

◆11時43分頃、涸沢が見えてきました^^
 進みます。


120-1225.jpg

◆涸沢方面、進みます。


140-1233.jpg

◆12時35分頃に見た涸沢岳(左側)、北穂高岳(右側)付近。


145-1234.jpg

◆上の付近の右側

146-1234.jpg

◆上の付近の右側


200-bnk1.jpg

◆涸沢小屋と涸沢ヒュッテの分岐点、12時46分頃に到着。出発から6時間15分経過。
 涸沢小屋方向に進みます。


220-ky1.jpg

◆北穂高岳と紅葉


230-ky2.jpg

◆涸沢岳(左側)、北穂高岳(右側)と紅葉


240-ky5.jpg

◆北穂高岳付近の紅葉の状況
 進みますが、著しく遅いです。
 

260-fkr1.jpg

◆時々、振り返ります。
 そして、進みます。


a-200-ok-ks1-1253.jpg

◆奥穂高高と涸沢岳


a-210-pkh-1258.jpg

◆キャンプ場と奥穂高岳


280-ky10.jpg

◆涸沢のキャンプ場を通過します。


270.jpg

◆同上
 涸沢小屋を目指して歩いていますが、スローペースのため、
 涸沢小屋になかなか近づくことができません。


265-ky1.jpg

◆涸沢小屋、至近距離ですが心理的には遠いです。


400-1312-ksgy1.jpg

◆涸沢小屋に13時10分頃に到着。出発から6時間40分経過。
 上高地のバスターミナルまで約5時間で戻れば18時のバスに間に合います。


A600-crm1.jpg

◆周囲の景色を見ながら涸沢小屋付近で休憩します。
  

420-mh1.jpg

◆涸沢小屋から見る前穂高岳に続く稜線
 

410-1312-tnb.jpg

◆前穂高岳に続く稜線とキャンプ場


440-1317-ksw1.jpg

◆涸沢のカールの最深部、稜線は吊り尾根。
 景色を見ながらゆっくりと休憩したいところですが、
 18時のバスに乗車するために、13時25分頃、涸沢小屋を出発。
 キャンプ場を横断して涸沢ヒュッテ経由で下山します。


510-ht-kt2.jpg

◆涸沢ヒュッテ付近から見る北穂高岳


520-ht-kt3.jpg

◆涸沢ヒュッテ付近から見る涸沢岳~北穂高岳


520-ht-oh1.jpg

◆説明板と奥穂高岳


600-bnk1.jpg

◆涸沢小屋と涸沢ヒュッテの分岐点、13時50分頃通過
 18時まで残り4時10分です。18時到着は厳しい状況です。
 写真をできるだけ撮らずに下山します。


650-htb1-1500.jpg

◆本谷橋を15時頃通過


800-yk1-1550.jpg

◆横尾に15時50分到着。
 上高地まで11kmです。
 ここからは概ね平たんな道なので、
 18時に上高地のバスターミナルに戻れる可能性があります。
 
 しかし、18時までに上高地のバスターミナルに戻ることができませんでした。
 
 今回は反省の多い登山となりました(-_-;)

◆振り返り
 5年前は上高地~涸沢を日帰りで往復できました。
 今年は日帰りは厳しい思い、出発の前々日に上高地内で宿泊先を探しましたが見つからず。
 結局、前回とほぼ同じ沢渡4時40分発のバス乗車して日帰する計画としました。

 当日は、想定外の寝過ごしにより始発のバスに乗車できず、5時40分発のバスに乗車。
 この1時間のロスタイムを取り戻すことができず、
 18時までにバスターミナル戻ることができませんでした。

 いつになるか分かりませんが、
 次回は宿泊プランで涸沢の紅葉を見たいと思います。


◆ここからは、印象に残ったこの日の景色です。


A650.jpg

◆印象に残った景色1、涸沢ヒュッテ付近から見る北穂高岳方面の景色


A660-2.jpg

◆印象に残った景色2、涸沢小屋から見る涸沢ヒュッテの後ろの山


A660.jpg

◆印象に残った景色3、紅葉と北穂高岳



◆上高地、涸沢付近

nice!(22)  コメント(5) 

2018年8月15日、長野県の経ヶ岳へ [登山]

2018年8月15日、長野県の経ヶ岳iに登りました。

この時の登山候補の山の条件は以下です。
 ・標高2000m以上で、日帰り登山可能であること。
 ・登ったことがない山であること。
 ・登山口まで半日で移動できること。

 この頃は午後には雨が降るような天気でした。
 また、暑い日が続いていたので、雨と直射日光の影響が和らぐ
 樹林帯のコースを歩く山を探しました。

 条件を満たす長野県の経ヶ岳に登ることにしました。
 経ヶ岳の標高は2296.3m、登山ルートは概ね樹林帯の中です。
 経ヶ岳の登山コースには大泉所ダムコースと仲仙寺ルートがあります。
 今回は出発点の標高が高い大泉所ダムコースで登ります。
 
 8月15日の経ヶ岳の天気は、朝は曇りでしたが部分的に晴れ、
 その後は概ね曇り、夕方には雨が降りました。
 
 登り始めはこそ暑かったですが、
 その後は、著しい暑さを感じることなく山頂まで登ることができました。

 この日は展望には恵まれませんでしたが
 予想外に多くの花などを見ることができました。

 ここからは、8月15日の登山の詳しい状況についてです。


0815-10-maps.jpg

◆中央自動車道の座光寺PAから見る朝の南アルプスの山並み
 雲が多いですが、晴れる可能性が少しあると思われる天気です。
 伊那ICから一般道におりて登山口に移動します。


0815-15-cap1.jpg

◆経ヶ岳付近の山並み、どの山が経ヶ岳かわかりません。
 雲が多いですが、青空があり、晴れそうな天気です。
 工業団地付近から登山口のある大泉所ダム付近に行く道が分からず
 工業団地付近を行ったり来たりで、ロスタイム発生。
 登山口の駐車場に8時前に到着です。
 

0815-10-tzngc1.jpg

◆登山口、8時頃出発です。
 7時には登山開始予定だったので、約1時間遅れの出発となり、
 出発前に予備時間を1時間使ってしまいました^^;

 


0815-20-1g1.jpg

◆1合目、林道のような道を歩きます。


0815-25-1g-fl1.jpg

◆セリ科のシシウドまたはミヤマシシウドと思われます。


0815-30-fl2.jpg

◆紫色の花、ギボウシ?

0815-40-2g1.jpg

◆2合目、ここまで林道のような道です。
 橋を渡ると山道になります。


0815-41-rd1.jpg

◆登山道、樹林帯の中を歩きます。


0815-45-3g1.jpg

◆3合目


0815-46-ls1.jpg

◆麓の風景1
 3-4合目の間に麓が見られる場所がありました。



0815-47-ls2.jpg

◆3-4合目から見る麓の景色2
 晴れそうで晴れない空模様です。


0815-50-4g1.jpg

◆4合目、大泉所ダムコースと仲仙寺ルートの合流点です。


0815-55-rdfl1.jpg

◆赤い花、フシグロセンノウ


0815-56-yfl2.jpg

◆黄色の花、花と葉の形状からアキノキリンソウではなく、キオンと推定



0815-57-htgfl1.jpg

◆ユリ科ホトトギス属の花と紫色の花


0815-58-hgsfl2.jpg

◆ユリ科ホトトギス属の花、ヤマジノホトトギス?


0815-59-rd1.jpg

◆萎れたギボウシと登山道


0815-60-5g1.jpg

◆5合目、9時50分頃到着。少し休憩します。
 これ以降、数名の方に会いました。


0815-60-fl1.jpg

◆ツリガネニンジン、ソバナのいずれか。
 ソバナの特徴の「花柱は花冠からでない」と一致していなので、ツリガネニンジンと推定。


0815-70-6g1.jpg

◆6合目


0815-71-fg1.jpg

◆雲の中のようです。


0815-1000-2-tr1.jpg

◆木にコケの仲間のようなものが付着しています。


0815-1000-1-7g.jpg

◆7合目、10時50分頃到着。雲の中のようです。
 天気が良ければ、麓の景色が見られるのですが、真っ白です。
 数少ないビューポイントだったので、残念です。
 少し休憩し、その後、出発。
 地図上では登山ルートは1つですが、見たところ
 登ってきた道以外に、2つの道があります。
 山頂方向と思った道を進みましたが、少し歩くと踏み跡が薄くなったので、
 7合目地点まで引き返し、もう一方の道を進みました。
 

0815-81-vfl1.jpg

◆ツリガネニンジン??


0815-82-snj-fl1.jpg

◆センジュガンピ


0815-83-hdr-fl1.jpg

◆ヒヨドリバナ? ヨツバヒヨドリ?


0815-85-rd1.jpg

◆登山道、樹林帯の中です。
 カラマツ、ダケカンバなどが見られます。


0815-86-ssyr-fl1.jpg

◆タケシマラン?の赤い実


0815-87-ud-fl1.jpg

◆セリ科の白い花
 種類が特定できません。


0815-90-8g1.jpg

◆8合目、12時5分頃到着。
 展望の良い場所ですが、ガスで周囲の景色を見ることはできません^^;
 すぐに出発します。


0815-91-rn1.jpg

◆雨が降っています。
 8合目から少し上の区間は樹林帯ではないため、雨で濡れます。
 8合目から少し上の区間は花が多いので、とても残念な状況でした。


0815-92-1-trfl1.jpg

◆トリカブト


0815-92-bfy1.jpg

◆花が多いですが、雨に濡れるので足早に進みます。


0815-93-mtfl1.jpg

◆マツムシソウ
 マツムシソウ、トリカブトの花を見ると秋の接近を感じます。
 進みます。

0815-95-bnk1.jpg

◆8合目と9合目の間


0815-100-9g1.jpg

◆9合目、進みます。


0815-101-otgr-fl1.jpg

◆オトギリソウの仲間


0815-1010-smt1.jpg

◆山頂まであと少しの地点


0815-105-smt1.jpg

◆山頂、樹林帯の中です。
 山頂に13時25分頃に到着です。誰もいません。
 休憩します。
 

0815-300-thm1.jpg

◆山頂の気温は15度。
 ザックに付けている温度計を見ると約15度でした。
 「とても暑い状況」を予想していのですが、想定外の「避暑」となりました^^;
休憩中は、服が濡れていたので少し寒い状況でした。
 食べ物を少しだけ食べて、下山開始です。


0815-401-rd1.jpg

◆登山道、両側は笹です。


0815-405-tr1.jpg

◆てるてる坊主のように見えました^^


0815-410-sn1.jpg

◆晴れそうな天気です。
 この後、山中で晴れることはありませんでした。
 晴れずに雨が降りました^^;


0815-420-kk2.jpg

◆マイズルソウとコケ
 雨の日などはコケなどに注目して歩きます。


0815-430-9g1.jpg

◆9合目、14時15分頃到着。
 
 

0815-500-kk1.jpg

◆コケ


0815-510-km1.jpg

◆足の長いクモ。
 よく見かけますが、暗い場所などで遭遇することが多く、
 撮影できないことが多いです。
 帰宅後に種類を調べると、クモではなく、ザトウムシという虫でした。



0815-530-fl1.jpg

◆ヤナギラン
 登るときは、花の多い区間を足早に通り過ぎたので、
 下山時はゆっくりと花を見ながら進みます。


0815-540-fl2.jpg

◆ヒヨドリバナ?


0815-550-mt2.jpg

◆マツムシソウ


0815-560-ylfl1.jpg

◆黄色の花


0815-570-otg1.jpg

◆オトギリソウ


0815-580-tr1.jpg

◆トリカブト


0815-585-asg1.jpg

◆アサギマダラ1


0815-1020-asg2.jpg

◆アサギマダラ2


0815-586-tmb1.jpg

◆トンボ1


0815-587tmb2.jpg

◆トンボ2


0815-591fl3.jpg

◆花の多い区間の様子
 ガスに覆われそうな状況でした。


0815-592-km2.jpg

◆足の長い虫(クモとは別の種類のザトウムシ)
 先ほどの個体は赤色でしたが、こちらは茶色系の個体です。
 近くに赤色の個体もいました。


0815-593-tr3.jpg

◆トリカブト


0815-595-8gm1.jpg

◆8合目に15時頃到着。
 展望はありませんが、休憩します。
 おにぎりなどを食べた後、出発します。


0815-810-fl1.jpg

◆セリ科の花


0815-820-fl2.jpg

◆セリ科の花、咲き始めです。


0815-830-rd1.jpg

◆登山道、ガスがあります。


0815-870-7g.jpg

◆7合目、15時40分頃到着。


0815-860-6g.jpg

◆6合目
 6合目付近から雨が降っていました。
 傘をさして歩きました。


0815-880-5g.jpg

◆5合目、16時30分頃通過
 傘をさしていたのでストックが使えず、
 また、スリップに注意しながら歩いたので、
 足に負担かがかかり足(膝付近)が痛くなりました。


0815-890-4g.jpg

◆4合目、17時頃通過
 この頃は足が痛く、歩行速度が低下した状態でした。
 遅くとも18時に下山できるように歩きます。


0815-895-3g.jpg

◆3合目、17時25分頃通過
 足が痛く、歩行速度が遅いです。
 樹林帯の中を歩くので、17時30分の割には暗いです。


0815-896-2g.jpg

◆2合目、17時40分頃通過。
 


0815-1020-2g2.jpg

◆2合目を過ぎると林道のような道を歩きます。
 樹林帯の中に比べると、ここは明るいです。
 

0815-897-1g.jpg

◆1合目


0815-898-tzng1.jpg

◆登山口、18時5分頃到着。明るいうちに到着できました^^
 出発が8時だったので、約10時間の登山でした。
 コースタイムを大きくオーバーしています^^;


0815-899-epl1.jpg

◆登山口のある経ヶ岳登山道の説明
 ここから山頂まで約4時間とかかれています。
 ここから山頂まで約5時間30分かかりました^^;


0815-900-prk1.jpg

◆駐車場、建物はトイレです。
 着替えて、温泉に移動します。
 行き先は近くの、ふれあい交流センター「大芝の湯」です。



0815-901-sapl1.jpg

◆18時25分頃の南アルプス方面 (東方面の空の様子です)
 山中では雨が降りましたが、麓では雨があまり降らなかったようです。



◆まとめ・反省
 ・登り始めはこそ暑かったですが、
  その後は、著しい暑さを感じることなく山頂まで登ることができました。
  山頂では、気温が15度、服が濡れていたこともあり
  想定外の「避暑」となりました。

 ・登山中は展望に恵まれませんでしたが、
  予想外に多くの花などを見ることができました。

 ・下山時に傘をさすと、ストックが使えない。
   →長時間の登山では、ストックが使えないと足が痛くなる。
  という事実に気付きました。
  今後は、面倒臭がらずにレインウェアを直ぐに着ようと思います。
 




◆経ヶ岳




◆ふれあい交流センター「大芝の湯」
nice!(18)  コメント(6) 

2018年7月21日、東京都・山梨県・埼玉県の境界の雲取山へ [登山]

2018年7月21日、東京都・山梨県・埼玉県の境界の雲取山に登りました。
久しぶりの登ったことのない百名山の登山です。

前日に山梨県笛吹市まで移動し宿泊、7月21日に小袖乗越の駐車場から登山開始。
この日の天気は、出発頃は晴れ、七ツ石~雲取山山頂頃は曇り、下山途中で雨が降りました。
雲やガスで展望はよくなかったですが、曇りの天気により暑さが緩和されました^^;



0721-10-prk1.jpg

◆小袖林道の村営駐車場、建物はトイレです。駐車場を6時頃出発。
 国道からこの駐車場に至る道の分岐点が分からず、
 国道411号を約30分ほど行ったり来たり。
 

0721-11-tzng1.jpg

◆車道から登山道へ


0721-12-sgbys1.jpg

◆杉林の中を歩きます。


0721-13-sgbys2.jpg

◆同上


0721-14-sgbys1.jpg

◆同上


0721-20-mzb1.jpg

◆水場、ここで水を補充しました。
 今回は、水を十分に飲みながら登ります。

 前回の金山の登山では水不足を懸念して、少しずつしか飲みませんでした。
 結果的に体が水不足の状態のようで、下山時には歩くペースが遅くなりました。
 この時は水場で水を飲んだ後は、歩くペースが若干回復しました。 


0721-25-dsh1.jpg

◆平将門の迷走ルートの説明版、堂所 7/10.
 迷走ルートの説明版が随所にあります。


0721-30-2hr1.jpg

◆ここまで2時間かかった人は雲取山山頂まで4時間かかります、の地点。
 ここを8時20分頃に通過したので、ここまで約2時間かかりました。
 山頂には12時頃に到着したので、ここに書かれているとおりの結果でした。


0721-40-bnk.jpg

◆分岐点、七ツ石山方向に進みます。


0721-50-nky1.jpg

◆七ツ石小屋、9時5分頃到着。
 少し休憩します。


0721-700-7ky1.jpg

◆七ツ石小屋からの展望、霞んでいます^^;
 出発します。


0721-700-12pt.jpg

◆小袖登山口→雲取山頂の約1/2地点です。
 進みます。


0721-60-bnk2.jpg

◆分岐点、七ツ石山方向に進みます。


0721-65-bnk3.jpg

◆七ツ石小屋上の分岐点、七ツ石山・雲取山方向に進みます。


0721-70-bnk4.jpg

◆分岐点、石尾根縦走路(七ツ石山・雲取山)に進みます。


0721-75-mrbdk1.jpg

◆石尾根縦走路で見たマルバダケブキ
 石尾根縦走路ではマルバダケブキの花があちらこちらで咲いていました。



0721-80-mrb2.jpg

◆マルバダケブキの花の咲き始め


0721-81-mrb-tbm1.jpg

◆マルバダケブキのつぼみ
 マルバダケブキを見ながら進みます。

0721-82-stm1.jpg

◆平将門の迷走ルートの説明板、七ツ石神社と七ツ石山 9/10.


0721-85-nnt1.jpg

◆風景が変わる場所近くです。


0721-85-nnt-smt1.jpg

◆七ツ石山の山頂、9時45分到着。
 この時はあまり展望がありません。


0721-86-smt2.jpg

◆進行方向、一度下って、登り返しです。
 山頂で少し休憩して、出発します。


0721-700-dw1.jpg

◆下りです^^;


0721-800-bnzk1.jpg

◆ブナ坂、10時5分頃通過


0721-801-exp1.jpg

◆ブナ坂の平将門の迷走ルートの説明板、10/10とエピローグ


0721-90-.jpg

◆日当たりが良い場所を歩きます。遠くの山並みは見えません。
 進みます。


0721-700-hl1.jpg

◆ヘリポート付近


0721-98-mtb1.jpg

◆カラマツの松ぼっくり
 木などを見ながら歩きます。

0721-700-ktr-bk1.jpg

◆分岐、尾根道を歩きます。


0721-99-pk1.jpg

◆ヨモギノの頭付近


0721-99-pk1-bk1.jpg

◆ヨモギノの頭付近から振り返って見る歩いてきた稜線
 進みます。

0721-700-tmt-bnk1.jpg

◆富田新道の分岐点
 尾根道を進みます。


0721-700a-bnk1.jpg

◆富田新道との分岐点。小雲取山付近と思います。
 進みます。


0721-705-smt-hk1.jpg

◆山頂方向、避難小屋が見えています。


0721-705-wt1.jpg

◆西側の展望
 進みます。

0721-701-bnk1.jpg

◆分岐点、雲取山頂方向へ


0721-210-smt-0.jpg

◆山頂までもう少しの地点


0721-715-smt-br1.jpg

◆山頂まであと少しの地点


0721-205-smt-ky1.jpg

◆山頂の避難小屋


0721-710-smt-gd1.jpg

◆避難小屋に取り付けられている山頂案内図
 山梨県百名山の標柱の方に行きます。


0721-705-smt-yns1.jpg

◆山梨県百名山の標柱


0721-716-tnb1.jpg

◆山梨県百名山の標柱付近から見る歩いてきた方向


0721-215-smt3.jpg

◆山頂に移動します。


0721-230-smt6.jpg

◆雲取山山頂に12時頃に到着。数人の方が休憩中でした。


0721-260-smt-skbn1.jpg

◆山の案内板
 雲で周囲の山は見えません^^;
 あまり良い天気でないので、おにぎり等を食べて直ぐに下山開始です。



0721-300-smt1.jpg

◆進行方向、日差しが無く、暑さが緩和されています。
 下山します。
 

0721-310-rn1.jpg

◆この付近で雨が降り始めました。
 ここから、この日は日傘として使用するために持っていた雨笠をさして歩きました。


0721-315-hp1.jpg

◆ヘリポート付近
 雨はほぼ止んでいます。


0721-320-rn2.jpg

◆雨上がり後、進みます。


0721-300a-bnk1.jpg

◆ブナ坂付近から、雨がまた降り、雷鳴が聞こえ始めました。
 傘をさして進みます。


0721-350-rn3.jpg

◆落雷に直撃されると危険なので、
 森林帯で雷鳴がおさまるのを待ちました。
 20分ほど待って出発。


0721-360-smt1.jpg

◆七つ石山山頂、14時頃通過。


0721-360-smt2.jpg

◆七つ石山山頂から見る歩いてきた方向、ガスに覆われています。
 進みます。


0721-400-bnk-wt1.jpg

◆分岐点
 ここで水を補給しました。


0721-370-ky1.jpg

◆七つ石山小屋を14時25分頃通過。
 テントが2-3張りありました。
 進みます。


0721-380-bnk-mp.jpg

◆分岐点と分岐の案内図
 案内図を見ていると、
 ブナ坂からまき道を通るのコースで下山すれば、
 もう少し早く下山できることに気付きました^^;


0721-385-rd1.jpg

◆登山道、斜面が削られています。
 この付近を登っているときは暑さで
 周囲の景色を見る余裕がありませんでした。
 登山道の様子や木を見ながら歩きました。

0721-410-tr1.jpg

◆ブナ
 


0721-400-hzs1.jpg

◆日差しが復活しました。
 この時点では涼しさ優先のため、晴れるのはあまりうれしくないです^^;


0721-410-hzs2.jpg

◆日差し
 杉林の中を登山口に向かって歩きます。


0721-420-sg1.jpg

◆杉林の下の方に道路が見えたので、登山口に近づいたことを実感できます。


0721-430-tzng1.jpg

◆登山口まであと少し。


0721-450-tzng1.jpg

◆登山口に16時25分頃到着。登山口⇔雲取山山頂の往復に約10時間かかりました。
 車道を歩いて駐車場に戻ります。


0721-600-anb1.jpg

◆道路の端にあった温泉の案内(写真は朝に撮影したものです。)
 下山後は、丹波山温泉のめこい湯に行くことにしました。


0721-500-pk1.jpg

◆駐車場に16時20分頃に到着。明るい時刻に下山することができました^^
 着替えて丹波山温泉のめこい湯に移動。


0721-510-osn.jpg

◆丹波山温泉のめこい湯
 丹波山温泉のめこい湯で夕食を食べて、温泉に入りました。
 

◆まとめ
 ・事前調査不足
  国道411号から小袖林道に右折する場所が分からず、
  小袖林道の駐車場に到着が30分以上遅くなりました。
 ・天気、展望
  朝は晴れ、その後は曇り、午後は雨が降りました。
  富士山などの遠く山を見ることはできませんでしたが、
  曇りのおかけで、著しい暑さから逃れることができました。
 ・下山時刻
  登山途中で雷雨となり、樹林帯で雨やどりをしましたが、
  明るい時刻下山することができました。




◆雲取山




◆丹波山温泉のめこい湯
nice!(14)  コメント(6) 
前の3件 | -