So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年6月3日、富山県の大笠山(1822m)へ [登山]

2017年6月3日、富山県の大笠山に登りました。

この日の目的は、今季まだ見ていないカタクリの花を見ることです。

カタクリの花を見ていない事に気付いたのが5月末。
5月後半になると、カタクリの花が見られる場所は限られます。

登ったことがない山でカタクリの花が見られる山を探し、
富山県の大笠山を見つけました。

大笠山は登山口と山頂とで標高差が約1500mある山で、コースタイム約9時間の山です。
カタクリの花を見るには、ハードコースです。

登山口付近では晴れていましたが、登るにつれ曇り空に。
カタクリの花は何とか見ることができました^^;

進行方向はガスに覆われ、一時は途中撤退も考えましたが、
何とか山頂にたどり着き、無事に下山することができました^^;



DSC_0023-10.jpg

◆出発地の桂湖、晴れています。



DSC_0043-20.jpg

◆登山口に続く道路にはゲートがあります。7時35分頃通過。
 ここから先は工事関係の自動車のみ通行できるようです。
 徒歩なのでゲートを越えていきます。



DSC_0048-30.jpg

◆湖面の色が印象的です。



DSC_0072-15.jpg

◆湖面とキリの花



DSC_0077-20.jpg

◆6月といえば、タニウツギの花です。
 この付近のあちらこちらで咲いていました。



DSC_0099-40.jpg

◆吊り橋
 橋を渡ると登りが始まります。



DSC_0113-50.jpg

◆橋を渡ると、鉄の階段があります。
 登ります。



DSC_0156-60.jpg

◆しばらく歩くと、眼下に湖面が見えました。



DSC_0176-70.jpg

◆樹林帯を歩きます。



DSC_0271-80.jpg

◆曲がった木



DSC_0298-90.jpg

◆開花前のユキザサ



DSC_0318-95.jpg

◆晴れています。
 晴れると暑くなりますが、カタクリの花を見るためには晴れてほしいです。



DSC_0322-91.jpg

◆ブナ林を歩きます。



DSC_0350-100.jpg

◆隣(北側)の山並み
 山頂付近が雲に覆われています。
 大笠山も標高の高い場所は雲に覆われている可能性が高いです。



DSC_0418-110.jpg

◆大桧を通過。



DSC_0430-120.jpg

◆樹林帯を歩きます。



DSC_0445-130.jpg

◆登ってきた方向の山並みと桂湖(右下)
 遠くの山の山頂付近は雲に覆われています。



DSC_0464-140.jpg

◆樹林帯を歩きます。



DSC_0505-150.jpg

◆カタクリの花
 日差しはありませんが、花が開いていました。



DSC_0507-160.jpg

◆カタクリの花のアップ
 たくさんのカタクリの花は見られませんでしたが、
 この日の目的の「カタクリの花を見る」を達成することができました^^



DSC_0513-170.jpg

◆進みます。



DSC_0548-310.jpg

◆隣の山並み
 この時は分かっていませんでしたが、この山並みは笈ヶ岳に続く稜線です。



DSC_0580-325.jpg

◆シャクナゲの花
 この後、シャクナゲの花を何度も見ました。



DSC_0623-340.jpg

◆桂湖2.6km、大笠山3.6km地点を10時15分頃通過。
 この付近では、腕時計の高度計では1500mくらいだったので、
 山頂まで残り1/3くらいの地点と思っていたのですが、残念。
 まだ半分も進んでいません^^;



DSC_0657-360.jpg

◆残雪の上を歩きます。



DSC_0698-370.jpg

◆進みます



DSC_0703-380.jpg

◆ユキザサの花のつぼみ



DSC_0792-390.jpg

◆残雪地帯を通過します。



DSC_0815-395.jpg

◆前笈ヶ岳1522mに10時55分到着。



DSC_0834-399.jpg

◆前笈ヶ岳付近から見る登ってきた方向の山並み
 たぶん、人形山、三ヶ辻山の稜線です。
 進みます。



DSC_0840-400.jpg

◆ブナの木を見ながら進みます。



DSC_0847-410.jpg

◆オオカメノキの花



DSC_0860-415.jpg

◆隣の山並み、雲の位置がかなり低いです。
 この山並みは笈ヶ岳に続く稜線です。



DSC_0861-418.jpg

◆進みます。



DSC_0881-420.jpg

◆振り返って見る登ってきた方向の山(東側の山)
 たぶん、人形山、三ヶ辻山の稜線です。



DSC_0928-428.jpg

◆シャクナゲの花 
 シャクナゲの花は所々で咲いていました。
 進みます。



DSC_0965-450.jpg

◆残雪とダケカンバ



DSC_0063-470.jpg

◆リンドウの仲間



DSC_0065-500.jpg

◆ピークらしき場所を登ります。



DSC_0081-515.jpg

◆その途中で咲いていたカタクリの花
 残念ながら花が反対方向に向いています。



DSC_0093-545b.jpg

◆振り返って見る歩いてきた方向
 樹林帯のどこを歩いたかが分かりません(-_-;)



DSC_0113-560.jpg

◆隣の山並、雲に覆われています。
 この山並みは笈ヶ岳に続く稜線です。



DSC_0115-550f.jpg

◆進行方向



DSC_0119-550.jpg

◆登山道の小さな石柱があります。
 登るときは気付いていませんでしたが、ここはアカモノの頂です。
 進みます。




DSC_0168-570.jpg

◆残雪の上を歩きます。



DSC_0208-597.jpg

◆ツバメオモトの花が咲いていました。



DSC_0213-599.jpg

◆カタクリの花も咲いていました。



DSC_0283-601.jpg

◆桂湖4.8km、大笠山1.4km地点、12時10分頃通過。



DSC_0288-610.jpg

◆進みます。


DSC_0298-625.jpg

◆避難小屋跡



DSC_0333-630.jpg

◆進みます。



DSC_0360-670.jpg

◆雪渓の上を歩きます。



DSC_0370-685.jpg

◆振り返ります。



DSC_0379-688.jpg

◆桂湖5.7km、0.5km地点を13時頃通過。



DSC_0393-691.jpg

◆雪渓を歩きます。
 


DSC_0407-690.jpg

◆雪渓を少し歩くと、避難小屋の前に着きました。



DSC_0411-693.jpg

◆山頂近く^^




DSC_0436-700.jpg

◆山頂に13時20分到着^^ 吊り橋から約5時間40分かかりました^^;
 途中、2.3人の方に会いましたが、山頂には誰もいません。



DSC_0443-705.jpg

◆大笠山の石板



DSC_0447-715.jpg

◆方位盤
 ガスに覆われて周囲の山は見られないため、
 過去に見た景色と石板の情報から、ここから見られる山並みを創造します。



DSC_0466-720.jpg

◆展望はありません。
 休憩します。休憩中に一名の方が到着されました。



DSC_0470-1000.jpg

◆山頂を13時30分頃出発します。



DSC_0488-1010.jpg

◆雪渓の端を下っていきます。


DSC_0513-1020.jpg

◆ガスが迫ってきます。


DSC_0550-1060.jpg

◆野鳥、ヒガラです。
 進みます。


DSC_0570-1085.jpg

◆野鳥、ウソ
 立て続けに野鳥に遭遇しました。
 進みます。



DSC_0608-1095.jpg

◆ダケカンバ



DSC_0617-1100.jpg

◆笈ヶ岳方面
 山頂の方位盤を見て、南側の稜線が笈ヶ岳に続く稜線であること気付きました。
 


DSC_0621-1110.jpg

◆ブナ林の中を歩きます。



DSC_0650-1100.jpg

◆振り返って見る大笠山の山頂方向
 進みます。



DSC_0681-1150.jpg

◆振り返って見る歩いてきた方向
 どのあたりを歩いたか記憶にありません^^;
 進みます。



DSC_0721-1150.jpg

◆笈ヶ岳方面
 少し待てば、笈ヶ岳の山頂が見られそうです。



DSC_0751-1160.jpg

◆振り返って見る大笠山の山頂方向
 進みます。


DSC_0806-1300.jpg

◆避難小屋跡、14時20分頃通過。
 進みます。



DSC_0814-1200.jpg

◆笈ヶ岳方面、山頂を何とか見ることができました。
 進みます。



DSC_0820-1310.jpg

◆残雪付近ではマンサクの花が咲いていました。



DSC_0926-1370.jpg

◆桂湖4.8km、大笠山1.4km地点、14時35分頃通過。
 進みます。



DSC_0958-1380.jpg

◆振り返って見る大笠山の山頂方向
 進みます。



DSC_0031-1400.jpg

◆大笠山
 登る時は見ることができなかった大笠山の姿を見ることができました^^
 進みます。
 


DSC_0083-1420.jpg

◆同上
 進みます。



DSC_0012-1420.jpg

◆麓方向
 進みます。



DSC_0066-1450.jpg

◆北側の山並み
 進みます。



DSC_0100-1460.jpg

◆振り返って見る大笠山
 進みます。



DSC_0140-1480.jpg

◆笈ヶ岳方面
 進みます。



DSC_0222-1499.jpg

◆進行方向、アカモノの頂付近。15時20分頃通過。



DSC_0378-1500.jpg

◆前笈ヶ岳を16時5分頃通過。
 進みます。



DSC_0400-1510.jpg

◆ショウジョウバカマ
 進みます。



DSC_0404-1520.jpg

◆桂湖2.6km、大笠山3.6km地点を16時30分頃通過。
 進みます。



DSC_0456-1550.jpg

◆樹林帯の中を進みます。




DSC_0484-1570.jpg

◆樹林帯の中を進みます。晴れています。



DSC_0566-1610.jpg

◆桂湖が見ています。



IMG_3843-1700.jpg

◆下っていきます。



IMG_3869-1710.jpg

◆あと少し。



IMG_3874-1750.jpg

◆階段を下ります


IMG_3887-1760.jpg

◆吊り橋を渡ります。


IMG_3897-1780.jpg

◆登山口に18時30分頃到着^^ 約11時間かかりました^^;

 登山口を出発した時は晴れていましたが、標高が高くなると曇りの天気。
 進行方向がガスに覆われることが何度もあり、また、少し雨も降りました。
 雨が降り始めたときは撤退を考えましたが、あきらめず登りました。
 天気は良くなかったですが、開いているカタクリの花を見ることができました^^

 また、下山時には大笠山、笈ヶ岳の姿を見ることができました^^
 結果的に達成感のある登山になりました^^
 
 下山後は、南砺市平ふれあい温泉センター「ゆ~楽」で温泉に入り帰りました。
 




◆大笠山



DSC_0303-2016.jpg

◆2016年10月に三方岩岳付近から見た笈ヶ岳(左端)、
 大笠山(中央やや左のなだらかな三角形の山)

 この時は紅葉と白山に注目、大笠山の存在を知らなかったので
 大笠山の写真は数枚だけです。
 
  2016年10月21日、岐阜県と石川県の県境の三方岩岳・野谷荘司山へ
  http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2016-10-27

 今度、三方岩岳付近からこの付近の山を見るときは
 大笠山がある風景を楽しむことができます。

2017年5月27日、徳島県の寒峰(1604.6m)へ [登山]

2017年5月27日、徳島県の寒峰(かんぽう)に登りました。

寒峰はフクジュソウの花が見られる山です。
5月下旬ではフクジュソウの花は見られないので、
寒峰からの展望に期待して登ることにしました。

寒峰の登山ルートは麓から登るルートと
落合峠から登るルートがあります。

展望が期待でき、何度も行ったことがある落合峠から登ることにしました。

この日の実績のコースタイム↓です。

落合峠  :10時5分頃出発
落ハゲ  :10時35分頃通過
前烏帽子山:11時35分頃通過
寒峰   :13時35分頃到着
前烏帽子山:16時5分頃到着
落ハゲ  :17時20分頃通過
落合峠  :17時55分頃到着


この日は天気がよく、周囲の山並み、気持ちの良い新緑を見ることができました^^


DSC_0096-10.jpg

◆落合峠



DSC_0099-110.jpg

◆落ハゲ方面に進みます。
 2017年3月の落ハゲ方面の様子は↓を見てください。
   2017年3月19日、徳島県の烏帽子山へ 落合峠~烏帽子山~深淵 
   http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2017-04-15



DSC_0111-120.jpg

◆寒峰まで4.7km
 この時は少し近いかなと思っていましたが、
 結局、この日も長時間歩くことになりました^^;




DSC_0137-125.jpg

◆振り返って見る落合峠方面
 進みます。



DSC_0240-135.jpg

◆烏帽子山方面、緑に覆われています。
 積雪がある時期の烏帽子山の様子は↓
  2017年3月19日、徳島県の烏帽子山へ 落合峠~烏帽子山~深淵 
   http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2017-04-15


DSC_0286-200.jpg

◆落ハゲ(1683m)、10時35分頃通過



DSC_0296-210.jpg

◆落ハゲから見る寒峰方面



DSC_0322-215.jpg

◆寒峰の山頂付近のアップ
 進みます。



DSC_0327-250.jpg

◆晴天です。



DSC_0372-260.jpg

◆鎖場、急勾配です。
 3月の積雪時に、ここで滑ってしまいました^^;



DSC_0403-280.jpg

◆天狗塚方面
 尖った山が天狗塚、右端の雲の下のピークは土佐矢筈山です。
 2009年に天狗塚、土佐矢筈山にのぼりました↓

 2009年10月24日 高知県の土佐矢筈山へ。 その2 登山口まで
  http://kotukotuyama2.blog.so-net.ne.jp/2009-10-30

 2009年6月13日、徳島の天狗塚へ(その3 登山口~山頂まで)
  http://kotukotuyama.blog.so-net.ne.jp/2009-06-21

 進みます。



DSC_0483-290.jpg

◆前烏帽子山
 進みます。



DSC_0774-300.jpg

◆前烏帽子山の山頂、11時35分頃通過
 


DSC_0777-315.jpg

◆前烏帽子山の山頂から見る寒峰方面(右側の濃い緑の山)



DSC_0778-310.jpg

◆前烏帽子山の山頂から見る歩いてきた方向、右側のピークが落ハゲ。



DSC_0825-330.jpg

◆寒峰に向かって進みます。



DSC_0944-360.jpg

◆下りです^^;



DSC_0067-397.jpg

◆振り返って見る前烏帽子山、笹に覆われています。
 進みます。



DSC_0073-398.jpg

◆進みます。下りです。



DSC_0206-400.jpg

◆振り返って見る前烏帽子山
 南側から見ると、笹原が印象的な山です。
 進みます。



DSC_0211-410.jpg

◆進みます。



DSC_0328-470.jpg

◆進みます。



DSC_0384-499.jpg

◆進みます。



DSC_0408-500.jpg

◆正面に天狗塚のある稜線、下っていきます。



DSC_0453-510.jpg

◆進みます。



DSC_0503-550.jpg

◆野鳥(ヒガラ)がいました^^
 あちらこちらで野鳥が鳴いていますが、姿を見たのは僅かです^^;


DSC_0521-600.jpg

◆進みます。



DSC_0527-610.jpg

◆東側が開けた場所から見る剣山方面の山並み
 左側のピークが剣山、その右側のピークは次郎笈
 剣山と次郎笈の中間地点付近の前の茶色い部分がある山は塔丸。




DSC_0536-620.jpg

◆振り返って見る歩いてきた方向
 左端のピークは烏帽子山です。



DSC_0640-680.jpg

◆進みます。




DSC_0717-710.jpg

◆山頂まであと一登り
 一度下って、登り返しです。


DSC_0748-735.jpg

◆分岐点



DSC_0758-750.jpg

◆山頂まで後少し。



DSC_0900-800.jpg

◆最後の登り



DSC_0932-900.jpg

◆寒峰山頂です。13時30分頃到着。
 登っている途中で3人の方に会いましたが、山頂にはだれもいません。



DSC_0941-910.jpg

◆山頂からの眺め、歩いてきた方向
 左端のピークは烏帽子山、中央奥付が落合峠がある方向。


DSC_0975-921.jpg

◆山頂からの眺め、腕山、遠くに瀬戸内海が見えています。



DSC_0955-920.jpg

◆山頂からの眺め、西側。三角形の山は中津山




DSC_0008-930.jpg

◆山頂からの眺め、東側。
 奥側 矢筈山からサガリハゲの稜線
 その前は落ハゲから続く稜線



DSC_0012-950.jpg

◆山頂からの眺め、剣山方面
 やや中央のピークが剣山、その右となりのピークが次郎笈



DSC_0050-981.jpg

◆山頂からの眺め、南西方面




DSC_0081-990.jpg

◆山頂からの眺め、三嶺(左端)~天狗塚(尖ったピーク)




DSC_0103-992.jpg

◆三嶺付近



DSC_0123-995.jpg

◆山頂からの眺め、南西方向の尾根
 



DSC_0046-980.jpg

◆山頂と歩いてきた方向
 山頂で、周囲の山並みを見ながらしばらく休憩します。
 休憩しながら、次に登る山を考えます。
 剣山の前にある塔丸は360度の展望が期待できるので、
 登る山のリストに追加しました。



DSC_0084-1000.jpg

◆14時頃、山頂を出発します。
 来たコースを戻ります。



DSC_0178-1010.jpg

◆振り返って見る寒峰の山頂方向
 進みます。



DSC_0206-1020.jpg

◆進行方向、何回も上り下りがあります^^; 進みます。



DSC_0262-1050.jpg

◆青空です。青空と新緑は景色は気持ちの良い景色です。


DSC_0303-1060.jpg

◆樹林帯を歩きます。
 来た時と同じコースを歩くことができませんでした^^;
 (来た時のコースを見つけられず。)



DSC_0347-1100.jpg

◆展望のよい場所から振り返って見る寒峰方面
 進みます。



DSC_0372-1110.jpg

◆西側の山並み、愛媛県内の山並みが見えています。
 石鎚山付近も見えている可能性がありますが、場所が分かりません。
 進みます。



DSC_0396-1150.jpg

◆ブナ



DSC_0410-1170.jpg

◆新緑のモミジです。
 進みます。



DSC_0418-1200.jpg

◆何かいます。
 黒くないので熊ではない、タヌキ?
 近づいてきます。
 こちらは動かずその場にとどまり、相手を観察することにしました。



DSC_0427-1210.jpg

◆近づいてきます。



DSC_0431-1215.jpg

◆近づいてきます。距離は数メートルです。



DSC_0434-1225.jpg

◆においを嗅いでいます。
 アナグマです。
 この距離では、こちらの姿がはっきりと見えているはずですが、
 見えてないような雰囲気です。

 帰宅後に調べると、アナグマは視力が弱い事が分かりました。
 


DSC_0435-1230.jpg

◆接近すべき物でないと認識したようです。



DSC_0436-1240.jpg

◆アナグマが立ち去ります。



DSC_0440-1250.jpg

◆遠くへ。
 アナグマが立ち去った後、進みます。



DSC_0450-1300.jpg

◆進行方向
 進みます。



DSC_0534-1310.jpg

◆笹原が広がっている前烏帽子山
 進みます。



DSC_0610-1350.jpg

◆登ります。



DSC_0804-1380.jpg

◆前烏帽子山の山頂、16時5分頃到着



DSC_0852-1400.jpg

◆前烏帽子山の山頂から見る進行方向、正面のピークは落ハゲ。



DSC_0081-1415.jpg

◆鎖場を通過します。



DSC_0158-2001aa.jpg

◆落ハゲ近くで振り返って見る太陽



DSC_0179-1450.jpg

◆落ハゲを17時20分頃通過



DSC_0206-1450.jpg

◆進みます。



DSC_0240-2001aa.jpg

◆落合峠が見えました^^



DSC_0431-1470.jpg

◆落合峠に近づきました。



DSC_0476-1480.jpg

◆あと少しで落合峠



DSC_0487-1490.jpg

◆落合峠、17時55分頃到着。
 約8時間の山歩きでした。
 予想時間は約6時間でしたが、
 以外と標高差がある上り下りがあり時間がかかりました^^;
 また、野鳥の鳴き声があちらこちらから聞こえたので、
 帰りは野鳥を探すために立ち止まる時間が長くなり、時間がかかりました^^
 しかし、鳴き声の主の野鳥の姿は見られませんでした^^;



DSC_0504-1499.jpg

◆振り返って見る落合峠
 この後、着替えて、徳島県三好市西祖谷山村の祖谷渓温泉 ホテル秘境の湯へ。
 途中で寄り道をしました↓



DSC_0645-1500.jpg

◆落合集落の向かいにある展望所から見る落合集落
 重要伝統的建造群保存地区です。

 この後、祖谷渓温泉 ホテル秘境の湯に行き、温泉に入りました。





◆寒峰





◆落合峠



◆三好市東祖谷落合付近 

2017年5月14日、奈良県の新緑のナメゴ谷とみたらい渓谷 [ハイキング]

2017年5月14日に見た新緑のナメゴ谷とみたらい渓谷の新緑についてです。

今回の目的はみたらい渓谷の遊歩道のルートの確認と、
あわせて新緑を見ることです。

2016年秋にみたらい渓谷の遊歩道を歩きました(↓)が、
遊歩道の約半分は歩くことができませんでした。

 2016年11月13日、奈良県天川村のみたら渓谷付近の紅葉
 http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2016-12-06

紅葉がきれいな場所は新緑もきれいなはずと思い、
この時期に、2016年秋に歩くことのできなかった
「洞川温泉センター ~ 観音峯登山口 ~ みたらい」を
歩くことにしました。


◆天川村までの移動ルート
国道169号で上北山村まで移動し、そこから国道309号線で天川村に移動しました。

上北山村では、国道309号線沿いの紅葉で有名なナメゴ谷の新緑を見ました。

ナメゴ谷を過ぎてからは、
国道309号線沿いの山並みを見ながら天川村の洞川温泉センターに移動しました。



DSC_0045-100.jpg

◆国道309号線沿いの桐の花
 5月の紫色の花といえば、フジと桐の花のイメージがあります。



DSC_0120-10bb.jpg

◆国道309号線から見る新緑のナメゴ谷




DSC_0152-120.jpg

◆上の写真の撮影場所はこの付近です。
 自動車で移動します。



DSC_0215-130.jpg

◆国道309号のこ付近から少し歩きます。



DSC_0223-140.jpg

◆バリゴヤノ頭、稲村ヶ岳、大日山方面の山並み
 写真に映っている個々の山の名前は分かりません。



DSC_0306-145.jpg

◆国道を南側歩い付近から見たバリゴヤノ頭、稲村ヶ岳、大日山方面の山並み
 歩きます。


DSC_0491-299a.jpg

◆弥山のある尾根
 この後、自動車を止めた付近に戻り、自動車で洞川温泉センターに移動します。



DSC_0614-299b.jpg

◆国道309号(226)付近から見る新緑



DSC_0656-160.jpg

◆同上




DSC_0669-300.jpg

◆洞川温泉センターに到着。上の写真は駐車場にある案内板
 着替えて、みたらい遊歩道へ。



DSC_0677-300.jpg

◆みたらい遊歩道の入り口



DSC_0700-220.jpg

◆川沿いのみたらい遊歩道
 杉林の中を歩きます。




DSC_0869-230.jpg

◆遊歩道歩いていくと車道に出ました。県道21号です。



DSC_0872-250.jpg

◆車道を歩きます。



DSC_0930-280.jpg

◆バス停を通過。



DSC_0942-200.jpg

◆観音峯登山口休息所近くにあるコース案内図
 今回は現在地~吊橋~御手洗橋を往復します。
 去年は御手洗橋~光の滝付近と、御手洗橋~弁天淵橋を歩きました。

 観音峯登山口休息所からたくさんの方と会いました。
 バスツアーで新緑を見に来られている方もいました。



DSC_0956-290.jpg

◆観音峯登山口休息所前の吊り橋
 この吊り橋を渡って、遊歩道を歩きます。



DSC_0968-310.jpg

◆川沿いの杉林の中をしばらく歩きます。



DSC_0993-315.jpg

◆しばらく進むと、杉から広葉樹の木に変わります。



DSC_0995-320.jpg

◆新緑です。


DSC_0016-400.jpg

◆新緑です。



DSC_0061-315.jpg

◆川面はあまり見えず。



DSC_0070-400.jpg

◆新緑



DSC_0086-410.jpg

◆案内板
 見た記憶がある案内板です。
 去年は反対方向からここに来て、ここで引き返しました。
 進みます。



DSC_0093-420.jpg

◆地面にメタリックカラーの昆虫がいました。



DSC_0106-440.jpg

◆川辺に降りてみる川面
 しばらく見た後、遊歩道に戻り、進みます。



DSC_0119-450.jpg

◆光の滝
 進みます。



DSC_0127-460.jpg

◆進みます。


DSC_0195-470.jpg

◆周囲一面、新緑です。


DSC_0227-490.jpg

◆川辺に降りてみる川面(上流側)



DSC_0230-490.jpg

◆川辺に降りてみる川面(下流側)
 進みます。



DSC_0236-493.jpg

◆哀伝橋と新緑



DSC_0274-495.jpg

◆哀伝橋から見る滝



DSC_0306-496.jpg

◆向かい側の山の新緑
 進みます。


DSC_0402-500.jpg

◆見上げる哀伝橋



DSC_0425-501.jpg

◆向かい側の山の新緑とみたらい休憩所


DSC_0393-600a.jpg

◆国道309号線に到着。
 2016年に歩かなかった山上川沿いの遊歩道を全て歩くことができました。
 少し休憩して、洞川温泉センターに戻ります。



DSC_0593-510.jpg

◆杉林まで戻ってきました。


DSC_0600-515.jpg

◆ヤマツツジ



DSC_0608-525.jpg

◆観音峯登山口休息所のつり橋に到着



DSC_0613-530.jpg

◆観音峯登山口休息所にあるみたらい渓谷付近の案内図
 車道を歩きます。
 後日、どこからどこまでを「みたらい渓谷」と
 呼ばれているかを調べましたが、分かりませんでした。



DSC_0628-560.jpg

◆車道から遊歩道方向に進みます。



DSC_0688-590.jpg

◆杉林の中から見る川辺のサクラ



DSC_0721-589.jpg

◆杉林の中を歩きます。


DSC_0736-591.jpg

◆洞川温泉センターに到着です。
 洞川温泉センターで温泉に入り、夕ご飯を食べて帰りました。


◆この日の実績のコース↓です。
  洞川温泉センター:11時35分頃出発
  観音峯登山口休息所近く:12時40分頃通過
  御手洗橋:13時45分到着
  洞川温泉センター:15時20分頃到着




◆ナメゴ谷




◆洞川温泉センター




◆みたらい渓谷付近