So-net無料ブログ作成

2017年6月24日、石川県の靴掛山・動山へ、7月8日は石川県の鳴谷山へ [登山]

2017年6月24日、石川県の靴掛山・動山、7月8日は石川県の鳴谷山に登りました。

2017年6月下旬、暑くなったので標高の高い山に登ろうと思い、白山に登ることにしました。
しかし、移動途中で予定した時刻までに登山口に到着できない状況となり(-_-;)
白山近くの別の山に登ることにしました。
6月24日、7月8日と2回連続して、登る山を変更する結果になりました。

6月24日、石川県の靴掛山、動山に登りました。
この日は晴れで暑くなるとおもいましたが、低山に登っても何とかなるだろうと思い、
午前中は靴掛山に、午後は動山に登りました。
この日は晴れていましたが、山頂からは白山を見ることができませんでした。
予想したとおり暑く、特に動山の登りは蒸し暑さのために汗を大量にかきました^^;


7月8日は石川県の鳴谷山に登りました。
鳴谷山は以前に登ろうとした山です。
この時は登山口に続く林道が通行止めになっていたので、近くの大嵐山に登りました。
   2016年4月23日、石川県白山市の大嵐山へ
   http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2016-05-13

林道が通行止めの場合、登山口に続く林道の分岐点付近に
駐車スペースを確保できない可能性が高く、
離れた場所に駐車し、徒歩で林道の分岐点まで移動する必要があります。

今回は自転車があるので、大嵐山の登山口の駐車場に駐車して
林道の分岐点まで自転車で移動し、鳴谷山に登ることにしました。

登っている途中までは晴れていましたが、
山頂に到着した時は、白山は雲に覆われて見ることができませんでした。


◆ここからは6月24日、石川県の靴掛山、動山に登った記録です。


P6241192-10.jpg

◆靴掛山の第一駐車場、9時15分頃出発。
 第一駐車場に到着したときは、残り1-2台の空きスペースでした。
 たくさんの方が登られる山です。



P6241199-11.jpg

◆分岐点、中ノ谷の方に進みます。


P6241249-100aa.jpg

◆次の分岐点では行者岩登山道へ


P6241201-15.jpg

◆杉林の中を歩きます。



P6241265-110aa.jpg

◆川に沿って歩きます。

P6241228-25.jpg

◆アジサイの花が咲いています。


P6241288-120aa.jpg

◆所々にこのような案内板があります。


P6241289-50.jpg

◆道幅が細くなります。


P6241380-60.jpg

◆標高が高くなると広葉樹の中を歩きます。


P6241413-70.jpg

◆行者岩を通過
 行者岩の少し先にある仙人滝に寄り道。



P6241415-80.jpg

◆仙人滝、水量は少ないです。
 登山道に復帰します。


P6241431-90.jpg

◆行者岩、山頂から500m地点



P6241475-100.jpg

◆山頂まで後200m地点を通過




P6241491-110.jpg

◆避難小屋を通過


P6241519-120.jpg

◆靴掛山の山頂、10時35分頃到着。
 山頂では数名の方が休憩されています。



P6241530-150.jpg

◆山頂からの眺め、富士写ヶ岳方面、霞んでいます。



P6241532-175.jpg

◆小松市の市街地方面



P6241535-185.jpg

◆山頂からの眺め、大日山・小大日山方面、霞んでいます。
 しばらく、休憩します。



P6241544-190.jpg

◆下山は中ノ谷コースです。
 この時は気付いていませんでしたが、山頂付近はかなり急坂のコースです。



P6241567-210.jpg

◆振り返って見る歩いてきた登山道、急です。
 進みます。


P6241587-230.jpg

◆振り返って見る歩いてきた登山道、急です。
 進みます。


P6241643-275.jpg

◆杉林の中を歩きます。
 この付近は普通の坂道です。



P6241665-285.jpg

◆トンボ1、カワトンボまたはイトトンボの仲間。
 インターネットで写真のトンボに似たトンボを探すと、
 アサヒナカワトンボまたはニホンカワトンボの姿がよく似ています。
 種類を特定する方法が不明のため、調査はここまでです。



P6241706-300a.jpg

◆トンボ2、カワトンボまたはイトトンボの仲間。



P6241686-200aa.jpg

◆分岐点を11時35分通過



P6241746-290.jpg

◆駐車場に11時50分頃到着。
 着替えて、トイレのある第二駐車場に移動します。


DSC_0001-200.jpg

◆第二駐車場近くにある靴掛山トンボの楽園
 たくさんのトンボが飛んでいるのが見えたので、ここでトンボを観察します。



DSC_0023-250.jpg

◆赤いトンボ1、ハッチョウトンボ? ショウジョウトンボ?
 ハッチョウトンボはとても小さなトンボです。
 手元の昆虫図鑑では体長18mm。そんなに小さくなかったように思います。



DSC_0047-360.jpg

◆黄色のイトトンボ、キイトトンボ。
 黄色の体がとても印象的です。



DSC_0062-350.jpg

◆シオカラトンボ



DSC_0080-315.jpg

◆幅の広いトンボ、オオシオカラトンボのようです。



DSC_0135-280.jpg

◆青色のイトトンボ
 よく似た種類の青色のトンボが何種類もいます。
 種類の特定はできません^^;



DSC_0179-350.jpg

◆青色のイトトンボの雄と雌(?)



DSC_0138-290.jpg

◆ヤンマの仲間


DSC_0123-350bb.jpg

◆ピントは合っていませんが、体の模様からギンヤンマです。



DSC_0200-kt-tb.jpg

◆トンボの楽園のようす
 この後、自動車で移動します。



P6241758-505.jpg

◆石橋(丸竹橋)
 道に石橋の案内があったので、石橋を見ることにしました。



P6241760-500.jpg

◆滝ヶ原アーチ石橋群の説明文



P6241769-510.jpg

◆石橋(丸竹橋)
 この後、石の里水と緑のふれあい公園に移動します。
 


P6241784-prk.jpg

◆石の里水と緑のふれあい公園
 ここに駐車します。



P6241790-593.jpg

◆東口橋


P6241800-590.jpg

◆東口橋


P6241822-596.jpg

◆東口橋

P6241807-600.jpg

◆カワトンボの仲間
 当初の予定は三童子山に登る予定でしたが、
 暑いので、残りの石橋を見学することにしました。
 滝ヶ原公民館まで自動車で移動し、そこに駐車して残りの石橋を見学します。
 近くにある西山橋に移動します。



DSC_0231-300nsym.jpg

◆西山橋



DSC_0252-msym2.jpg

◆西山橋



DSC_0277-3nshy.jpg

◆西山橋付近から見る靴掛山
 次の石橋に移動します。



DSC_0291.-iskr.jpg

◆西山石切場跡
 移動します。



DSC_0296-hn1.jpg

◆移動途中で見た花
 次の石橋に移動します。
 


DSC_0311-hs5.jpg

◆我山橋1



DSC_0329-gym.jpg

◆我山橋2
 最後の石橋に移動します。



DSC_0346-dmnb.jpg

◆大門橋
 これで5つの石橋全てを見学しました。
 このあと、滝ヶ原公民館にもどります。
 滝ヶ原公民館に14時頃到着。少し休憩しました。
 まだ、日没まで時間があるので、近くの低山に登ることにしました。
 行き先は動山です。



◆◆◆ ここからは動山の記録です。◆◆◆



DSC_0374-1000.jpg

◆動山の登山口の弘法水



DSC_0377-ent.jpg

◆動山の登山口、14時35分頃出発しました。



DSC_0393-1050.jpg

◆登山道、幅が広い真っ直ぐな登山道がしばらく続きます。
 蒸し暑いです。汗をたくさんかきます。
 歩く速度が遅くなります。
 歩き続ければ、山頂に着きます^^;


DSC_0421.-1100.jpg

◆山頂まで600m地点を通過。


DSC_0486-1200.jpg

◆山頂、15時50分頃到着。避難小屋?
 山頂には2人の方がいましたが、入れ違いで下山されました。



DSC_0491-1210.jpg

◆山頂、604mです。



DSC_0502-smt2.jpg

◆霞んで遠くの山は見えず。
 白山を見ることができませんでした。
 少しだけ休憩して、下山します。



DSC_0548-g1.jpg

◆下山途中に見た遠くの景色
 進みます。



DSC_0559-g2.jpg

◆岩の上から見る景色



DSC_0595-g5.jpg

◆登山道、進みます。



DSC_0602-g15.jpg

◆アカマツ
 進みます。



DSC_0609-smz.jpg

◆弘法水に17時頃に到着。



DSC_0613-smz2.jpg

◆冷たい水を飲みました。
 汗をかいた後の冷たい水は美味しいです^^
 着替後て、小松市のせせらぎの郷に移動し、温泉に入りました。
 温泉の後は、自宅に向けて移動です。



DSC_0617-hiy.jpg

◆遠くから見る靴掛山(右端)



DSC_0633-yyk.jpg

◆飛行機と夕焼け
 この付近に小松空港があります。

◆◆◆ ここからは7月8日に登った石川県の鳴谷山の記録です。◆◆◆


DSC_0002-10.jpg

◆10時30分、林道の入り口に到着。通行止めです。
 徒歩で登山口まで移動します。



DSC_0168-35.jpg

◆トンボ


DSC_0217-90.jpg

◆トンボの影、晴天です。



DSC_0218-100aa.jpg

◆トンボ



DSC_0250-100.jpg

◆トンボ



DSC_0264-110.jpg

◆登山口を11時35分頃通過。



DSC_0281-210.jpg

◆樹林帯を歩きます。



DSC_0291-220.jpg

◆ランの仲間?
 進みます。



DSC_0295-260.jpg

◆大きく成長したミズバショウ
  


DSC_0317-275rv.jpg

◆少しの区間だけ川沿いを歩きます。



DSC_0329-290.jpg

◆スギ林の中をあるきます。



DSC_0376-300.jpg

◆ユリの花
 進みます。



DSC_0397-315.jpg

◆青空です。



DSC_0420-320.jpg

◆開けた場所に到着しました。



DSC_0428-330.jpg

◆鳴谷山の山頂方面が見えます。
 進みます。


DSC_0471-350.jpg

◆鎧岩です。
  


DSC_0481-330.jpg

◆鎧岩付近でニッコウキスゲの花が咲いていました。



DSC_0489-380.jpg

◆渡り終えた後に見た鎧岩



DSC_0512-400.jpg

◆進みます。



DSC_0559-515.jpg

◆2匹のチョウがいました。
 1匹は動かず、もう一匹はぐるぐると飛び回っています。



DSC_0567-516.jpg

◆対峙する2匹のチョウ
 進みます。



DSC_0590-520.jpg

◆鳴谷山と砂御前山の分岐点、13時頃通過。
 鳴谷山方向に進みます。



DSC_0613-530.jpg

◆大きなスギの木の側を歩きます。



DSC_0636-540.jpg

◆ギンリョウソウ
 進みます。



DSC_0669-550.jpg

◆ピンク色のユリ



DSC_0744-610.jpg

◆ゴゼンタチバナ



DSC_0761-650.jpg

◆マイズルソウ



DSC_0775-700.jpg

◆開けた場所を歩きます。



DSC_0805-700.jpg

◆山頂の近くです^^
 少し進むと人の声が聞こえてきました。
 一見すると、山頂ではなさそうでない場所に7-8人の方がいました。
 そこから道が更に続いているように見えたので、更に進むことにしました。


 
DSC_0830-810.jpg

◆14時30分頃、三角点に到着しました。



DSC_0836-820.jpg

◆山頂
 展望がないので、直ぐに戻ります。



DSC_0856-830.jpg

◆展望の良い場所から見る展望
 白山は雲の中です^^;
 休憩します。



DSC_0858-900.jpg

◆下山します。



DSC_0876-910.jpg

◆登ってきた付近を見ます。
 茶色の部分が鎧岩です。



DSC_0909-920.jpg

◆大きなスギの木で何かが動いているのに気付きました。



DSC_0908-935.jpg

◆たぶん、ゴジュウカラです。
 進みます。
 動くもの、鳴き声に注意しながら歩きます。
 野鳥の鳴き声はあちらこちらから聞こえますが、
 姿を見ることはほとんどありません。



DSC_0937-950.jpg

◆ヒガラ
 進みます。


 
DSC_0009-950.jpg

◆鎧岩を通過



DSC_0013-970.jpg

◆振り返って見る鳴谷山の山頂方面、ガスに覆われています。



DSC_0045-988.jpg

◆樹林帯を歩きます。



DSC_0055-990.jpg

◆登山口
 ここからは林道を歩きます。



DSC_0108-992.jpg

◆太陽と積雲と生い茂る元気な草!! 夏の景色です。



DSC_0122-993.jpg

◆この付近は良い天気です。



DSC_0158-994.jpg

◆林道分岐点に17時45分頃到着。
 ここから大嵐山の駐車場まで戻ります。
 この後、小松市のピュア涌泉寺で温泉に入り帰りました。




◆靴掛山、動山




◆鳴谷山

2017年6月10日、徳島県の塔丸(1713m)へ [登山]

2017年6月10日、徳島県の塔丸に登りました。

この日の目的は以前の登った山々の姿を塔丸から見ることです。

今年登った矢筈山、黒笠山、寒峰から塔丸が見えていました。
 2017年5月27日、徳島県の寒峰(1604.6m)へ
 http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2017-07-02

 2017年5月5日、徳島県の矢筈山・黒笠山へ 矢筈山~黒笠山~落合峠
 http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2017-06-21

 2017年5月5日、徳島県の矢筈山・黒笠山へ
 http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2017-06-14

塔丸からは黒笠山、矢筈山、寒峰まで一望できると思い
塔丸に登ることにしました。

この日は天気が良く、
塔丸山頂からは思っていた山並みを見ることができました^^


DSC_0001-10.jpg

◆登山口付近、ヤナギのの木の仲間
 晴れています^^
 この日は急ぐ必要がないため、
 周囲の景色をゆっくり見ながら歩きます。



DSC_0006-15.jpg

◆登山口、9時40分頃、登山開始です。



DSC_0028-20.jpg

◆しばらく樹林帯を歩きます。



DSC_0092-30.jpg

◆標高が高くなると、山の斜面に点在する集落が見られます。



DSC_0156-40.jpg

◆樹林帯歩きも残り少なくなりました。



DSC_0172-50.jpg

◆樹林帯の後半になると、剣山(左)次郎笈(右)が見られます。



DSC_0186-70.jpg

◆剣山のアップ



DSC_0193-60.jpg

◆次郎笈のアップ



DSC_0245-80.jpg

◆晴天です



DSC_0257-90.jpg

◆進行方向、笹原が広がっています。



DSC_0269-95.jpg

◆塔丸の山頂が見えました。



DSC_0319-100.jpg

◆遠くに三嶺が見えています。



DSC_0360-110.jpg

◆笹原を進みます。



DSC_0387-125.jpg

◆振り返ると剣山と次郎笈が見られます。



DSC_0524-150.jpg

◆進みます。



DSC_0552-160.jpg

◆アセビ、遠くにも大きなアセビの木があります。



DSC_0622-170.jpg

◆上の写真で遠くに写っているアセビ



DSC_0633-180.jpg

◆北側に矢筈山、黒笠山など見られます。
 この山並みを見るために来ました^^



DSC_0635-175.jpg

◆矢筈山(左側の茶色のピークの山)、黒笠山(右側の尖った山)付近のアップ


DSC_0753-180.jpg

◆山頂方向、進みます。



DSC_0887-205.jpg

◆前方に塔丸の山頂、進みます。



DSC_0003-500aa.jpg

◆進みます。



DSC_0056-215JPG.jpg

◆山頂直下



DSC_0071-220.jpg

◆塔丸の山頂、12時頃到着。
 数人の方がいました。



DSC_0129.-250.jpg

◆塔丸の山頂を過ぎて次のピークまで進みます。



DSC_0200-250.jpg

◆ピークに到着です。
 正面に三嶺が見えています。
 ここから先は下りになるので前進はここまでとしました。



DSC_0256-up.jpg

◆三嶺の山頂付近のアップ




DSC_0313-m-ndm.jpg

◆三嶺と名頃ダム (西側~南側)
 


DSC_0308-m2.jpg

◆上の写真の左側(剣山側)



DSC_0302-trg1.jpg

◆上の写真の左側(剣山側)
 左端は剣山です。



DSC_0202-260.jpg

◆北側、寒峰から黒笠山まで一望できます。


DSC_0344-ctr-kp.jpg

◆寒峰から烏帽子山までの稜線



DSC_0350-kp-mebs.jpg

◆寒峰から前烏帽子山までの稜線



DSC_0357-y-k.jpg

◆矢筈山から黒笠山



DSC_0224-260.jpg

◆塔丸山頂と剣山と次郎笈
 見たかった山並み全てを見ることができました^^
 このピークで休憩します。
 12時35分頃、出発します。



DSC_0438-300.jpg

◆塔丸山頂と寒峰から黒笠山までの山並み



DSC_0439-310.jpg

◆塔丸山頂から見る帰路
 歩いてきたコースを戻ります。



DSC_0466-400.jpg

◆進みます。



DSC_0529-410.jpg

◆笹原を進みます。



DSC_0657-450.jpg

◆遠くに丸笹山(左側)と剣山(右側)



DSC_0674-465.jpg

◆アセビの木の横を通過


DSC_0690-470.jpg

◆樹林帯へ



DSC_0712-475.jpg

◆樹林帯の中を歩きます。



DSC_0765-480.jpg

◆登山口に14時25分頃到着
 このあと、着替えて剣山の登山口に移動し、祖谷ソバを食べて帰路につきました。
 国道438号線で高速道路のICに移動します。



DSC_0824-500.jpg

◆まだ明るいので(15時30分頃)、
 桑平の大トチと大スギを見ることにしました。
 車で1.2kmの方向に移動して、そこから徒歩で大トチにアクセスです。



DSC_0846-570.jpg

◆桑平の大トチの説明



DSC_0837-510.jpg

◆桑平の大トチ


DSC_0860-515.jpg

◆桑平の大トチ


DSC_0869-525.jpg

◆桑平の大トチ


DSC_0870-550.jpg

◆桑平の大スギ


DSC_0874-555.jpg

◆桑平の大スギ



DSC_0890-566.jpg

◆桑平の大スギ



DSC_0921-600.jpg

◆国道438号線と土釜への分岐点
 つるぎ町には巨樹がたくさんあります。
 桑平の大スギ、大トチも巨樹の一つです。

 ここを通行するたびに「土釜」というものが何であるか知りたいと思っていました。
 この日は明るい時刻にここに来ることができたので、
 「土釜」に立ち寄ることにしました。



DSC_0934-650.jpg

◆土釜の説明



DSC_0941.-655.jpg

◆土釜



DSC_0979.-690.jpg

◆土釜
 この後、つるぎ町の剣山木綿麻温泉で温泉に入り帰りました。

 この日は天気がよく、この日の目的である塔丸の周囲の山を
 全て見ることができました^^
 この塔丸の登山でこの山域の予定していた山の登山が完了しました。
 
 今後は、紅葉シーズンに、この付近の南にある石立山に登りたいと思います。



◆塔丸




◆土釜



2017年6月3日、富山県の大笠山(1822m)へ [登山]

2017年6月3日、富山県の大笠山に登りました。

この日の目的は、今季まだ見ていないカタクリの花を見ることです。

カタクリの花を見ていない事に気付いたのが5月末。
5月後半になると、カタクリの花が見られる場所は限られます。

登ったことがない山でカタクリの花が見られる山を探し、
富山県の大笠山を見つけました。

大笠山は登山口と山頂とで標高差が約1500mある山で、コースタイム約9時間の山です。
カタクリの花を見るには、ハードコースです。

登山口付近では晴れていましたが、登るにつれ曇り空に。
カタクリの花は何とか見ることができました^^;

進行方向はガスに覆われ、一時は途中撤退も考えましたが、
何とか山頂にたどり着き、無事に下山することができました^^;



DSC_0023-10.jpg

◆出発地の桂湖、晴れています。



DSC_0043-20.jpg

◆登山口に続く道路にはゲートがあります。7時35分頃通過。
 ここから先は工事関係の自動車のみ通行できるようです。
 徒歩なのでゲートを越えていきます。



DSC_0048-30.jpg

◆湖面の色が印象的です。



DSC_0072-15.jpg

◆湖面とキリの花



DSC_0077-20.jpg

◆6月といえば、タニウツギの花です。
 この付近のあちらこちらで咲いていました。



DSC_0099-40.jpg

◆吊り橋
 橋を渡ると登りが始まります。



DSC_0113-50.jpg

◆橋を渡ると、鉄の階段があります。
 登ります。



DSC_0156-60.jpg

◆しばらく歩くと、眼下に湖面が見えました。



DSC_0176-70.jpg

◆樹林帯を歩きます。



DSC_0271-80.jpg

◆曲がった木



DSC_0298-90.jpg

◆開花前のユキザサ



DSC_0318-95.jpg

◆晴れています。
 晴れると暑くなりますが、カタクリの花を見るためには晴れてほしいです。



DSC_0322-91.jpg

◆ブナ林を歩きます。



DSC_0350-100.jpg

◆隣(北側)の山並み
 山頂付近が雲に覆われています。
 大笠山も標高の高い場所は雲に覆われている可能性が高いです。



DSC_0418-110.jpg

◆大桧を通過。



DSC_0430-120.jpg

◆樹林帯を歩きます。



DSC_0445-130.jpg

◆登ってきた方向の山並みと桂湖(右下)
 遠くの山の山頂付近は雲に覆われています。



DSC_0464-140.jpg

◆樹林帯を歩きます。



DSC_0505-150.jpg

◆カタクリの花
 日差しはありませんが、花が開いていました。



DSC_0507-160.jpg

◆カタクリの花のアップ
 たくさんのカタクリの花は見られませんでしたが、
 この日の目的の「カタクリの花を見る」を達成することができました^^



DSC_0513-170.jpg

◆進みます。



DSC_0548-310.jpg

◆隣の山並み
 この時は分かっていませんでしたが、この山並みは笈ヶ岳に続く稜線です。



DSC_0580-325.jpg

◆シャクナゲの花
 この後、シャクナゲの花を何度も見ました。



DSC_0623-340.jpg

◆桂湖2.6km、大笠山3.6km地点を10時15分頃通過。
 この付近では、腕時計の高度計では1500mくらいだったので、
 山頂まで残り1/3くらいの地点と思っていたのですが、残念。
 まだ半分も進んでいません^^;



DSC_0657-360.jpg

◆残雪の上を歩きます。



DSC_0698-370.jpg

◆進みます



DSC_0703-380.jpg

◆ユキザサの花のつぼみ



DSC_0792-390.jpg

◆残雪地帯を通過します。



DSC_0815-395.jpg

◆前笈ヶ岳1522mに10時55分到着。



DSC_0834-399.jpg

◆前笈ヶ岳付近から見る登ってきた方向の山並み
 たぶん、人形山、三ヶ辻山の稜線です。
 進みます。



DSC_0840-400.jpg

◆ブナの木を見ながら進みます。



DSC_0847-410.jpg

◆オオカメノキの花



DSC_0860-415.jpg

◆隣の山並み、雲の位置がかなり低いです。
 この山並みは笈ヶ岳に続く稜線です。



DSC_0861-418.jpg

◆進みます。



DSC_0881-420.jpg

◆振り返って見る登ってきた方向の山(東側の山)
 たぶん、人形山、三ヶ辻山の稜線です。



DSC_0928-428.jpg

◆シャクナゲの花 
 シャクナゲの花は所々で咲いていました。
 進みます。



DSC_0965-450.jpg

◆残雪とダケカンバ



DSC_0063-470.jpg

◆リンドウの仲間



DSC_0065-500.jpg

◆ピークらしき場所を登ります。



DSC_0081-515.jpg

◆その途中で咲いていたカタクリの花
 残念ながら花が反対方向に向いています。



DSC_0093-545b.jpg

◆振り返って見る歩いてきた方向
 樹林帯のどこを歩いたかが分かりません(-_-;)



DSC_0113-560.jpg

◆隣の山並、雲に覆われています。
 この山並みは笈ヶ岳に続く稜線です。



DSC_0115-550f.jpg

◆進行方向



DSC_0119-550.jpg

◆登山道の小さな石柱があります。
 登るときは気付いていませんでしたが、ここはアカモノの頂です。
 進みます。




DSC_0168-570.jpg

◆残雪の上を歩きます。



DSC_0208-597.jpg

◆ツバメオモトの花が咲いていました。



DSC_0213-599.jpg

◆カタクリの花も咲いていました。



DSC_0283-601.jpg

◆桂湖4.8km、大笠山1.4km地点、12時10分頃通過。



DSC_0288-610.jpg

◆進みます。


DSC_0298-625.jpg

◆避難小屋跡



DSC_0333-630.jpg

◆進みます。



DSC_0360-670.jpg

◆雪渓の上を歩きます。



DSC_0370-685.jpg

◆振り返ります。



DSC_0379-688.jpg

◆桂湖5.7km、0.5km地点を13時頃通過。



DSC_0393-691.jpg

◆雪渓を歩きます。
 


DSC_0407-690.jpg

◆雪渓を少し歩くと、避難小屋の前に着きました。



DSC_0411-693.jpg

◆山頂近く^^




DSC_0436-700.jpg

◆山頂に13時20分到着^^ 吊り橋から約5時間40分かかりました^^;
 途中、2.3人の方に会いましたが、山頂には誰もいません。



DSC_0443-705.jpg

◆大笠山の石板



DSC_0447-715.jpg

◆方位盤
 ガスに覆われて周囲の山は見られないため、
 過去に見た景色と石板の情報から、ここから見られる山並みを創造します。



DSC_0466-720.jpg

◆展望はありません。
 休憩します。休憩中に一名の方が到着されました。



DSC_0470-1000.jpg

◆山頂を13時30分頃出発します。



DSC_0488-1010.jpg

◆雪渓の端を下っていきます。


DSC_0513-1020.jpg

◆ガスが迫ってきます。


DSC_0550-1060.jpg

◆野鳥、ヒガラです。
 進みます。


DSC_0570-1085.jpg

◆野鳥、ウソ
 立て続けに野鳥に遭遇しました。
 進みます。



DSC_0608-1095.jpg

◆ダケカンバ



DSC_0617-1100.jpg

◆笈ヶ岳方面
 山頂の方位盤を見て、南側の稜線が笈ヶ岳に続く稜線であること気付きました。
 


DSC_0621-1110.jpg

◆ブナ林の中を歩きます。



DSC_0650-1100.jpg

◆振り返って見る大笠山の山頂方向
 進みます。



DSC_0681-1150.jpg

◆振り返って見る歩いてきた方向
 どのあたりを歩いたか記憶にありません^^;
 進みます。



DSC_0721-1150.jpg

◆笈ヶ岳方面
 少し待てば、笈ヶ岳の山頂が見られそうです。



DSC_0751-1160.jpg

◆振り返って見る大笠山の山頂方向
 進みます。


DSC_0806-1300.jpg

◆避難小屋跡、14時20分頃通過。
 進みます。



DSC_0814-1200.jpg

◆笈ヶ岳方面、山頂を何とか見ることができました。
 進みます。



DSC_0820-1310.jpg

◆残雪付近ではマンサクの花が咲いていました。



DSC_0926-1370.jpg

◆桂湖4.8km、大笠山1.4km地点、14時35分頃通過。
 進みます。



DSC_0958-1380.jpg

◆振り返って見る大笠山の山頂方向
 進みます。



DSC_0031-1400.jpg

◆大笠山
 登る時は見ることができなかった大笠山の姿を見ることができました^^
 進みます。
 


DSC_0083-1420.jpg

◆同上
 進みます。



DSC_0012-1420.jpg

◆麓方向
 進みます。



DSC_0066-1450.jpg

◆北側の山並み
 進みます。



DSC_0100-1460.jpg

◆振り返って見る大笠山
 進みます。



DSC_0140-1480.jpg

◆笈ヶ岳方面
 進みます。



DSC_0222-1499.jpg

◆進行方向、アカモノの頂付近。15時20分頃通過。



DSC_0378-1500.jpg

◆前笈ヶ岳を16時5分頃通過。
 進みます。



DSC_0400-1510.jpg

◆ショウジョウバカマ
 進みます。



DSC_0404-1520.jpg

◆桂湖2.6km、大笠山3.6km地点を16時30分頃通過。
 進みます。



DSC_0456-1550.jpg

◆樹林帯の中を進みます。




DSC_0484-1570.jpg

◆樹林帯の中を進みます。晴れています。



DSC_0566-1610.jpg

◆桂湖が見ています。



IMG_3843-1700.jpg

◆下っていきます。



IMG_3869-1710.jpg

◆あと少し。



IMG_3874-1750.jpg

◆階段を下ります


IMG_3887-1760.jpg

◆吊り橋を渡ります。


IMG_3897-1780.jpg

◆登山口に18時30分頃到着^^ 約11時間かかりました^^;

 登山口を出発した時は晴れていましたが、標高が高くなると曇りの天気。
 進行方向がガスに覆われることが何度もあり、また、少し雨も降りました。
 雨が降り始めたときは撤退を考えましたが、あきらめず登りました。
 天気は良くなかったですが、開いているカタクリの花を見ることができました^^

 また、下山時には大笠山、笈ヶ岳の姿を見ることができました^^
 結果的に達成感のある登山になりました^^
 
 下山後は、南砺市平ふれあい温泉センター「ゆ~楽」で温泉に入り帰りました。
 




◆大笠山



DSC_0303-2016.jpg

◆2016年10月に三方岩岳付近から見た笈ヶ岳(左端)、
 大笠山(中央やや左のなだらかな三角形の山)

 この時は紅葉と白山に注目、大笠山の存在を知らなかったので
 大笠山の写真は数枚だけです。
 
  2016年10月21日、岐阜県と石川県の県境の三方岩岳・野谷荘司山へ
  http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2016-10-27

 今度、三方岩岳付近からこの付近の山を見るときは
 大笠山がある風景を楽しむことができます。