So-net無料ブログ作成

2018年3月11日、石川県の富士写ヶ岳へ [登山]

2018年3月11日、石川県の富士写ヶ岳(941.9m)に登りました。

今回は2回目の挑戦です。

1回目は2017年2月↓です。
2017年2月4日、石川県の富士写ヶ岳付近へ
http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2017-03-13

この時は枯淵コースから登ろうとしましたが、
登山道が断続的にわからず、途中徹底しました。

今回は2回目ということもあり、確実に山頂に立つために、
直近の登山記録のある、吊り橋を渡る我谷コースの登山口から登ることにしました。

登っている時は概ね天気がよく、雪景色を楽しむことができました。
下山時は曇っていました。

その様子です。

IMG_8277-10.jpg

◆九谷(くたに)ダムの想郷広場から見る富士写ヶ岳方面
 想郷広場から自転車で出発します。


IMG_8288-15.jpg

◆凍っています。(県道153号の洞門から)


IMG_8304-20.jpg

◆7時10分頃に我谷コースの登山口に到着。
 この付近には2-3台の自動車が駐車していました。
自転車を道路の端に置いて、出発します。


IMG_8307-25.jpg

◆吊り橋を渡ります。


IMG_8317-30.jpg

◆トレースに従ってダム湖沿いに進みます。
 トレースはダム湖沿いに延々と続いていて、進んでいくと向きが大きく変わりました。
 そのうち、前方から引き返してきた方と会いました。
 少し会話して、斜面を登るポイントを通り過ぎていることが分かりました。
 引き返します^^;

 


IMG_8321-40.jpg

◆稜線
 引き返して、斜面を登るポイントを探します。
 直登しているトレースがあったので、そこを登り稜線にでました ^^;
 (斜面に沿って登るトレースもありましたが、直登を選択。
  下山時はコースを確認するために、
  直登した斜面ではなく通常のコースを歩きました。)


IMG_8323-50.jpg

◆登ってきた斜面です。


IMG_8338-60.jpg

◆稜線を歩きます。


IMG_8355-70.jpg

◆鉄塔方向に進みます。

IMG_8357-80a.jpg

◆隣(東側)の稜線。見えているピークが富士写ヶ岳の山頂かなと思っていました。
 (下山時に、見えていたピークが富士写ヶ岳の山頂ではないことが分かりました。
  富士写ヶ岳の山頂はもう少し右側にあります。)


IMG_8377-90.jpg

◆8時頃の様子。
 場所を特定するものがあまりないため、場所の代わりに写真を撮影した時刻で記載します。

IMG_8404-815.jpg

◆8時15分頃、マンサクの花が咲いていました。
 ここから先、マンサクの花を何度も見ることができました。

IMG_8443-830-m.jpg

◆8時30分頃、中間地点516mを通過。
 この日は、コース上でこの案内板以外の場所を示すものを見ませんでした。


IMG_8448-832.jpg

◆中間地点を過ぎると、麓の景色が見えます^^
 進みます。

IMG_8461-837h.jpg

◆8時40分頃、たぶん、ナツツバキの木です。
 一方向だけに雪または氷が付着しています。


IMG_8533-900mn.jpg

◆8時55分頃、氷が付いたマンサク

IMG_8549-0900mn.jpg

◆同上、マンサクの花
 進みます。

IMG_8569-903.jpg

◆9時5分頃、木の間を進みます。


IMG_8595-0910smn.jpg

◆9時10分頃、写真では緩斜面に見えていますが、滑って登れなくなりました。
 滑ったときに、過去の同じような状況を思い出しました。
 (滑り落ちる怖さのあまり、途中撤退した登山です。↓)

    2013年4月20日、福井県勝山市の越前甲山(1319.6m)へ 途中撤退
    http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2013-04-26

    2013年5月5日、岐阜県の野伏ヶ岳へ  途中撤退
    http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2013-09-13


    1年後に再挑戦しています。
    2014年4月26日、福井県の越前甲山(1319.6m)へ 登頂
    http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2014-04-30

    2014年4月11日、岐阜県の野伏ヶ岳へ 登頂
    http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2014-04-14

  ここで、アイゼンを装着しました。アイゼン装着後は滑りません^^
  アイゼンは吊り橋に戻るまで装着していました。



IMG_8607-918-dwn.jpg

◆9時20分頃、登ってきた斜面


IMG_8610-920.jpg

◆9時20分頃、これから進む斜面。


IMG_8622-920ic.jpg

◆9時20分頃、樹氷(霧氷?)です。
 標線の東側では樹氷(霧氷?)がたくさんあります。

IMG_8621-920gnd.jpg

◆落下した氷
 この時刻頃、あちらこちらで樹氷が落下していました。

IMG_8641-923.jpg

◆9時23分頃、もう少しで景色が変わるポイントに到着します。
 景色がダイナミックに変わる直前の場所は好きな場所の一つです^^


IMG_8674-925.jpg

◆9時25分、周囲が見渡せる場所に到着しました^^
 麓の平野、日本海も見えています。


IMG_8691-930.jpg

◆9時30分頃、進みます。

IMG_8693-930.jpg

◆こちらの斜面には樹氷があります。

IMG_8733-935.jpg

◆しばらく進むと樹林帯がありました。

IMG_8749-940.jpg

◆さらに進むと展望がよくなります。
 正面の稜線を登る? この場合、下って、登ってが大変そうです。
 コースは正面の稜線ではなく、左側の樹林帯の方に続いていました。


IMG_8830-955.jpg

◆樹林帯を歩きます。
 この斜面では、足が雪に時々沈みました。

IMG_8856-1005.jpg

◆もう少しで樹林帯が終わる地点

IMG_8863-1007.jpg

◆稜線に出ました。トレースのある方向に進みます。


IMG_8883-1010.jpg

◆最後の登りのようです。

IMG_9024-1012.jpg

◆10時10分頃に山頂に到着です。写真は下山開始時に撮影したものです。
 一面積雪で、山頂を示すものは見えていません。残念。
 山頂までに約3-4人の方と会いましたが、山頂には誰もいません。
 晴天ではありませんが、周囲の風景は見ることができます。


IMG_8989-w1.jpg

◆登ってきた方向の景色、手前の白い尾根を登ってきたと思います。
 ここからは、この方向から左回りに景色を撮った写真です。

IMG_8937-w2.jpg

◆上の写真の少し左側、概ねに西側


IMG_8892-s0.jpg

◆上の写真の少し左側、概ねに南西側、
 右側の白い稜線は火燈山の稜線と思われます。
 
 火燈山には2015年に登りました↓
  2015年5月3日、福井県の火燈山へ 小倉谷山の山頂から登山口まで
  http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2015-05-18


IMG_8893-s1.jpg

◆概ね南南西方向、丈競山方向です。
 山頂に避難小屋がある山が丈競山(たけくらべやま)です。
 丈競山には2013年に登りました↓。
  2013年4月28日、福井県永平寺町の浄法寺山(1052.8m)へ その2 丈競山、下山
  http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2013-05-12


IMG_8907-s3.jpg

◆上の写真より少し北側方向


IMG_8908-s4.jpg

◆上の写真より少し左側方向
 続く山並みが印象的な風景です。


IMG_8910-s5.jpg

◆上の写真より左側方向


IMG_8974-ne1.jpg

◆上の写真より左側方向


IMG_8975-ne2.jpg

◆上の写真より左側方向

IMG_8977-ne3.jpg

◆上の写真より左側方向、この方向から山頂に登りました。
 360度の山並みを見ましたが、白山と思われる山は見つかりませんでした。残念です。


IMG_9029-g1.jpg

◆10時30分頃、下山します。
 少し雪が降っていました。
 雪が降ることは想定してなかったため、できるだけ早く下山します。


IMG_9039-dm.jpg

◆山頂付近から(正確な場所は不明)。五彩湖、日置大橋が見えています。

IMG_9057-1030.jpg

◆林の中を降りて行きます。


IMG_9124-1047.jpg

◆10時47分頃、振り返って見る山頂付近。右側のピークが山頂です。
 天気が良くないです。

IMG_9252-1140tw.jpg
 
◆11時40分頃、鉄塔手前に到着。


IMG_9273-1145.jpg

◆11時45分、林の中を歩いていました。

IMG_9306-br1200.jpg

◆12時頃、コースが分からずに直登した付近
 登ってきた斜面ではなく、稜線上を歩きます。
 少し稜線を歩くと、斜面を斜めに下っているトレースがありました。


IMG_9317-br1204.jpg

◆湖沿いのコースに合流するポイント
 登る時はこのポイントに気付かず、湖沿いをしばらく歩いてしまいました。


IMG_9321-st.jpg

◆上記の場所付近から見る、直登した斜面。


IMG_9339-1208.jpg

◆12時10分頃、吊り橋に到着。ここでアイゼンを外し、橋を渡ります。


IMG_9364-brg.jpg

◆橋から見る富士写ヶ岳山頂方面


IMG_9372-end.jpg

◆12度15分頃、橋を渡り終わりました。
 ここから、自転車で五彩湖の想郷広場まで戻ります。
 ここから五彩湖の想郷広場までは上り坂のため、スピードがでません ^^;
 スピードがでないので、周囲の景色を見ながらペダルを踏みます。

P3111671-p1250.jpg

◆12時50分頃に想郷広場に到着、この日の登山が終了しました。
 この後、五彩湖周辺を少し歩きました。

P3111770-brg.jpg

◆五彩湖の日置大橋から見る富士写ヶ岳
 想郷広場に戻り、着替えて移動します。
 加賀市内を寄り道しながら帰ります。
 九頭竜川の河口付近で夕日を見て
 国道305号線で石川県の加賀市内から福井県の敦賀市内まで移動。
 その移動途中で、福井市蒲生町の波の華温泉で温泉に入りました。 
 敦賀市内から高速道路で帰りました。

 ◆ここからは寄り道の様子です。◆


P3111844-kik.jpg

◆加賀市鴨池観察館の駐車場にある案内板
 鴨池観察館でカモを見た後、白山眺望コース(4.5km)をウォーキングすることに。
 コース上から白山を見ようとしましたが、白山は見ることはできませんでした。
 (この日は、白山を見ることができませんでした。)
 また、高速道路の下を過ぎてしばらく進んだ付近で、コースが分からなくなり、
 来た道を駐車場に戻りました。
 

P3112061-js1.jpg

◆加賀市塩屋町付近の日本海


P3112038-js2.jpg

◆同上、イソヒヨドリがいました。



IMG_9381-yh.jpg

◆九頭竜川の河口付近の夕日


IMG_9417-2020st.jpg

◆福井県敦賀市付近で見た星空



◆まとめ
 ・積雪が十分あり、雪のある山を楽しむことができました。
 ・山頂から白山を見ることができませんでしたが、
  雪に覆われた周囲の山並みをみることができました。

◆反省点
 ・吊り橋を渡った後のコースを確認していなかったため、
  いきなり、コースを外れてしまいました。
  登山口付近のコースを事前に確認しておくべきでした。




◆富士写ヶ岳





◆石川県の加賀市鴨池観察館





◆加賀市塩屋町付近
 
nice!(16)  コメント(6) 

2018年2月・3月上旬に見た野鳥など [まとめ]

◆3月11日に見た野鳥を追加しました。◆

2月・3月上旬に、主に兵庫県内で見た野鳥についてです。

1月、2月は中旬までは寒い日が続き、屋外を歩く機会が激減。
2月中旬以降は寒さが和らぎ、屋外を歩く機会が増え、
冬の野鳥を見ることができました。



P2020642-1tgm.jpg

◆ツグミ


P2171255-tgm1.jpg

◆2月17日、田にいたツグミ。一度、姿を見失うと、直ぐには見つかりません^^



P2240093-tgm24.jpg

◆2月24日、ツグミ(正面)


P3031052-trtgm33.jpg

◆3月3日、トラツグミ
 過去に一度だけ見たことがある野鳥です。


P2020691-2mgr.jpg

◆メジロ1


P2020704-2mgr.jpg

◆メジロ2


P2020907-1srhr.jpg

◆シロハラ


P2120651-srhr2.jpg

◆2月12日、シロハラ

P3031451-srh33.jpg

◆3月3日の夕方、2-3m離れた場所にいたシロハラ。
 夕方、少し暗くなると、至近距離で野鳥に遭遇することがあります。
 お互い、相手の存在に気付いていない?

P2021047-1eng.jpg

◆2月5日、エナガ1、梅園に群れでいました。
 にぎやかな鳴き声とともにやってきて、去っていきました。

P2021048-2eng.jpg

◆同上

P2021050-3eng.jpg

◆同上


P2020142-rbtk-f.jpg

◆2月5日17時30分頃に見た野鳥、青い尾からルリビタキの雌と推測。


P3031416-rrbtk33.jpg

◆3月3日夕方、青い後ろ姿からルリビタキ(雄)と思います。
 


P2171131-ybtkf.jpg

◆2月17日、ジョウビタキの雌


P2171269-hydr1.jpg

◆2月17日、ヒヨドリ



P3030508-ish33.jpg

◆3月3日、イソヒヨドリ


P2250129-mz-24.jpg

◆2月24日、モズ


P2240500-224-ksrdk1.jpg

◆2月24日、カシラダカ?? (三重県の川沿いにて)
 液晶モニターで見ると、野鳥が写っているかわかりません^^;
 体を少し動かすと、野鳥は飛び去りました(-_-;)。
 

P3031048-kgr33.jpg
      
◆3月3日、コゲラ。15-20m離れた木にいました。


P3031113-kg33.jpg

◆3月3日、コゲラ。3-4m離れた木にいました^^


P3040228-kwsm34.jpg

◆3月4日、カワセミ、池の上の電線にいました。



◆ここからは海辺で見たカモメの仲間です。◆

P2120340-umnk-yrkmm.jpg

◆2月12日、ユリカモメ(左)とウミネコ(右側)
 右側の鳥は、口ばしの先端が赤と黒、足が黄色なのでウミネコと思います。


P2120336-ykmm2.jpg

◆2月12日、ユリカモメ他


P2120367-sgrkm.jpg

◆2月12日、カモメの仲間
 口ばしの先端に赤い部分がある、足はピンク色なので、セグロカモメと思います。



◆ここからはカモとクイナの仲間◆

P2020765-km1.jpg

◆2月5日、カルガモ(逆光です。)


P2020776-km2.jpg

◆2月5日、カルガモ(順光です。)


P2020814-bn2.jpg

◆2月5日、カルガモではないカモ(前)とオオバン(後)
 前のカモは調べた結果、黒い口ばしと体の模様等からオカヨシガモと思います。


P3040609-okysgm34.jpg

◆3月4日、上記の場所と異なる場所で見たカモ。たぶん、オカヨシガモです。


P2020758-ki-2205.jpg

◆冬羽のカイツブリ



P3030801-ktbr33.jpg

◆3月3日、カイツブリ



P2020880-km3.jpg

◆2月5日、コガモ
 

P2240906-224-kgm.jpg

◆2月24日、三重県の川で見たカモ
 親子のカモかと思いましたが、カルガモとコガモでした。
 コガモは小さいカモでした。


P2240917-224-kgm2.jpg

◆上の写真のコガモ



P2120463-hkn.jpg

◆2月12日、ヒクイナ
 初めて見ました^^


P2120478-hkn.jpg

◆同上


P2110097-km-mny.jpg

◆2月11日、カモの群れ
 このカモの群れは人が近づいても逃げません。


P2110036-kng.jpg

◆上の写真のオナガガモ


P2110077-ong2.jpg

◆休息中のオナガガモ


P2110103-knkr1.jpg

◆2月11日、カモの群れがいた池と同じ池にいた黒い野鳥
 見た時は野鳥までの距離が遠く、種類は特定できず。
 帰宅後にパソコンのモニタで確認。たぶん、キンクロハジロです。


P2181295-hsh1.jpg

◆2月18日、小さな川の河口にいたホシハジロ(右端)
 茶色の頭のカモはヒドリガモと思っていましたが、目の色が赤いので
 図鑑で種類を調べました。


P2181285-hs2.jpg

◆2月18日、ホシハジロ。ホシハジロの目は赤いです。

  

P2181697-mas17.jpg

◆2月18日、ミコアイサ。岸から離れた場所にいました^^;



P2181649-mki-u.jpg

◆同上



P2181366-18-kkr3.jpg

◆2月18日、キンクロハジロ(前)、ヒドリガモ(中)、カルガモ(後)
 この池のカモは近くで見ることができます。


P2181399-kkr-L.jpg

◆2月18日、キンクロハジロ


P2181424-tb.jpg

◆2月18日、飛び立つカルガモ



P2181432-kk-hdr.jpg

◆2月18日、キンクロハジロ(黒色の頭)、ヒドリガモ


P2181454-hsbr.jpg

◆2月18日、オナガガモ(左)とハシビロガモ(右)


P2181473-ong-L.jpg

◆2月18日、オナガガモ


P2181457-hsbr-L.jpg

◆2月18日、ハシビロガモ


P3040422-mgm34.jpg

◆3月5日、マガモ


P3040544-mgm34.jpg

◆同上



◆ここからはサギの仲間です。◆


P2170784-gsg.jpg

◆2月17日、ゴイサギ


P2181590-sg17.jpg

◆2月18日、アオサギ


P3030906-ksg33.jpg

◆3月3日、コサギ


P3112036-311-is.jpg

◆3月11日、石川県の海岸で見たイソヒヨドリ


P3111695--fm-311.jpg

◆3月11日、石川県のダム湖で見た野鳥
 100m近く離れた場所を飛んでいましたが、飛んでいる野鳥は見つけやすいです。


P3111799-fm-311.jpg

◆同上、泳いでいる姿
 遠くから見ていたので特徴が十分に把握できず、種類がわかりません。
 特徴は大きさはカモくらい、体が白くて、頭が黒い。

◆まとめ
 (1)カモの仲間について
    この冬はいろいろな種類のカモを見ることができました^^
    見られる野鳥の案内板がある場所では案内板で見たカモの種類を確認したり、
    インターネット、本で種類を調べることで、
    見たカモの種類を特定・推定することできました。
    

 (2)カモメについて
    口ばしの色、足の色などからカモメの種類が特定できることを学びました。
    ウミネコが識別できるようになったと思います。

 (3)野鳥の名前について
    現地の野鳥の案内板、図鑑、インターネット等で種類を確認しましたが、
    写真の野鳥の名前が間違っている場合は、教えてください。
    

nice!(18)  コメント(7) 

2018年1月7日 神奈川県の明神ヶ岳(1169m)へ [登山]

2018年1月7日、富士山を見るために神奈川県の明神ヶ岳に登りました。

この日は天気が良く、明神ヶ岳の山頂付近から富士山を見ることができました^^


IMG_5409-10.jpg

◆新幹線から見る琵琶湖西岸の比良山系、白いです。
 予定では米原駅まで快速電車で移動、米原駅からひかりに乗車予定でしたが、
 快速電車に乗車中に運転見合わせが発生し、
 新大阪駅から新幹線(こだま)で米原駅まで移動しました。


IMG_5463-15.jpg

◆伊吹山付近を通過。伊吹山、白いです。



IMG_5521-30.jpg

◆富士市付近から見る富士山、雪が少ないです。 


IMG_5538-40.jpg

◆強羅駅に12時過ぎに到着。
 小田原駅に10時35分に到着し、小田原駅→箱根湯本→(約40分)→強羅駅。
 
 

IMG_5545-50.jpg

◆強羅駅、写真の下側にはたくさんの方がいます。
 改札口が混雑していたので、しばらく待ってから改札口を通過。
 強羅駅から明神ヶ岳の登山口まで地図を見ながら徒歩で移動します。 
 

IMG_5580-100.jpg

◆案内板を見つけながら明神ヶ岳の登山口へ。


IMG_5590-110.jpg

◆同上。近道コースで進みます。


IMG_5604-190a.jpg

◆登山口のような場所に12時40分頃に到着。


IMG_5610-170.jpg

◆上記の場所から明神ヶ岳まで1時間25分です。
 

IMG_56051-180.jpg

◆上記の場所にある案内図
 希望コースは下記ですが、
 日没時刻を考慮すると金時山まで行くのは難易度が高いです。
 現在地→鞍部→明神ヶ岳→火打石岳→矢倉沢峠→金時山→乙女峠


IMG_5612-200.jpg

◆進みます。



IMG_5618-210.jpg

◆青空です。


IMG_5641-250.jpg

◆車道と合流する地点、明神ヶ岳まで70分です。
 少し休憩して、進みます。


IMG_5658-300.jpg

◆両側が土の登山道です。進みます。


IMG_5674-290.jpg

◆上の写真の土とは異なる種類の土がある登山道です。進みます。

IMG_5683-310.jpg

◆鞍部に13時50分頃到着。


IMG_5686-300.jpg

◆稜線を歩きます。

IMG_5706-310.jpg

◆大涌谷方面、噴煙が見えています。噴煙を見るのは久しぶりです。
 進みます。

IMG_5708-350.jpg

◆振り返って見る歩いてきた稜線、進みます。

IMG_5730-360.jpg

◆背丈の高い笹(?)があります。

IMG_5738-390.jpg

◆進みます。


IMG_5766-40.jpg

◆富士山が見えました^^

IMG_5769-420.jpg

◆富士山のアップ
 この景色を見るために来ました^^


IMG_5775-430.jpg

◆大涌谷のアップ


IMG_5777-450.jpg

◆進みます。



IMG_5805-490.jpg

◆明神ヶ岳の山頂、14時40分頃到着。
 数名の方がいました。


DSC_0404-summit.jpg

◆明神ヶ岳の山頂から金時山と富士山のアップ
 先を急ぐので少したせけ休憩して、出発です。気持ち的には金時山を目指します。


DSC_0417-500.jpg

◆金時山方面に進みます。
 矢倉沢峠まで90分、金時山まで130分
 日没までに金時山に行き下山するのは厳しい状況であることが把握できました^^;


DSC_0419-510.jpg

◆金時山に続く稜線、
 どこまで行けるか。矢倉沢峠で判断することに。
 できるだけ速く、進みます。
 (できるだけ速く歩いたのがよくありませんでした。
  途中から膝が痛くなり減速しました(-_-;) )

DSC_0431-520.jpg

◆金時山と富士山


DSC_0542-550.jpg

◆進みます。

DSC_0607-570.jpg

◆丹沢山地の展望地、しばらく立ち止まって山並みを見ます。
 個々の山の名前はわかりません。

DSC_0619-560.jpg

◆丹沢山地のアップ1

DSC_0619-565.jpg

◆丹沢山地のアップ2

DSC_0655-580.jpg

◆丹沢山地のアップ3

DSC_0660-590.jpg

◆もう一度、丹沢山地


DSC_0680-600.jpg

◆進みます。

DSC_0745-610.jpg

◆火打岩岳近くを15時40分頃通過。
 ここは矢倉沢峠まで55分 金時山まで95分の地点です。
 火打岩岳の山頂に続く道が見つからず、山頂には行くのはあきらめて進みます。
 

DSC_0760-640.jpg

◆まだ明るく青空が見えています。進みます。


DSC_0804-690.jpg

◆両側には背丈の高い笹(?)が多いです。


DSC_0805-693.jpg

◆大涌谷方面



DSC_0827-696.jpg

◆金時山のアップ。進みます。


DSC_0874-730.jpg

◆金時山が遠いです。


DSC_0885-720.jpg

◆夕日が見えています。


DSC_0936-735.jpg

◆大涌谷方面と麓の街並み、進みます。


DSC_0991-750.jpg

◆日没時刻が間近のため、矢倉沢峠から仙石原に下山することにします。


DSC_0999-780.jpg

◆分岐点、仙石原方面へ。

DSC_0009-791.jpg

◆金時山登山口に到着。ここから舗装道路を歩きます。


DSC_0017-798.jpg

◆真っ暗になる前の17時20分頃に金時登山口バス停付近に到着しました。
 少し待つとバスが来たので、そのバスに乗車しました。
 金時登山口バス停から箱根湯本駅まで乗車。途中、渋滞があり18時30分頃到着。


IMG_5819-onsn.jpg.jpg

◆歩いた後の温泉はかかせないので、箱根湯本駅近くの温泉に入ることにしました。
 行き先は駅から見えている「かっぱ天国」です。
 その後、箱根湯本駅から小田原駅まで電車で移動し、小田原駅から新幹線で帰りました。
 




◆明神ヶ岳


◆富士山を見るための過去のハイキング等の記録
 
2017年1月2日、静岡県の発端丈山(410m)、葛城山(452m)へ
http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2017-01-21

2016年3月26日、静岡県の沼津アルプス
http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2016-04-28

2014年1月3日、山梨県の白鳥山(567.7m)へ
http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2014-01-14

2013年1月3日、静岡市の浜石岳(707m)
http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2013-01-09

nice!(22)  コメント(6)