So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年03月| 2017年04月 |- ブログトップ

2017年3月19日、徳島県の烏帽子山へ 落合峠~烏帽子山~深淵 [登山]

◆◆タイトルを日付の誤記を修正しました。(誤)3月16日 →(正)3月19日◆◆

前回に引き続き徳島県の烏帽子山の登山についてです。

今回は落合峠~烏帽子山~深淵までです。
この区間の実績のコースタイムは↓です。
  落合峠      13時20分頃
  前烏帽子山    15時30分頃
  烏帽子山山頂   16時50分頃
  烏帽子山の登山口 18時30分頃
  深淵       19時40分頃

落合峠から烏帽子山山頂までは想定していなかったアップ・ダウンが何回もあり
移動に予想以上の時間がかかり、烏帽子山山頂への到着が17時前となりました(-_-;)
時間はかかりましたが、周辺の山並みの風景を見ることができました^^;

山頂への到着が遅くなり、日没前に登山口に到着できるか怪しくなりました。
しかし、真っ暗になる前に何とか下側の烏帽子山の登山口に到着できました^^;

その後、真っ暗になり、星空を見ながら深淵まで歩きました。

その様子です。

DSC_0614-380.jpg

◆落合峠
 落合峠から烏帽子山を経由して深淵に帰ります。


DSC_0749-401d.jpg

◆落合峠から見る烏帽子山方面
 雪に覆われて登山コースがどこであるかよく分かりません。
 適当に進むことにしましたが踏み抜きが多く、
 できるだけ登山コースと思われる場所を歩きました。
 


DSC_0783-1010.jpg

◆振り返って見る落合峠方面


DSC_0809-1050.jpg

◆前方の風景、進みます。



DSC_0868-1100.jpg

◆振り返ります


DSC_0899-1110.jpg

◆進みます。


DSC_0914-1120.jpg

◆赤いテープのある場所に沿って歩きます。


DSC_0944-1150.jpg

◆振り返ります。
 矢筈山(右から3つ目のピーク)の姿が見えています。


DSC_0908-1200a.jpg

◆少し南側には剣山と思われる山が見えています。



DSC_0950-1160.jpg

◆少し移動して見た、おそらく、剣山(左側)と次郎笈(右側)のアップ
 


DSC_0979-1170.jpg

◆進みます。
 赤いテープと動物の足跡を参考にしながら歩く場所を決めます。


DSC_0989-1185.jpg

◆上空には猛禽類が1羽旋回していました。


DSC_0012-1210.jpg

◆振り返ります。矢筈山から石堂山?まで一望。
 石堂山は右端の黒い部分と思います。


DSC_0032-1220.jpg

◆進行方向、一面雪で覆われています。


DSC_0062-1290.jpg

◆一つ目のピーク、おそらく、落ハゲです。14時15分頃到着。


DSC_0068-1310.jpg

◆上の写真の場所から見る三嶺から天狗塚の稜線


DSC_0075-1315.jpg

◆「落ハゲ」と思われる場所から見る落合峠方面
 右からサガリハゲ山~矢筈山~石堂山の稜線だと思います。


DSC_0099-1350.jpg

◆「落ハゲ」と思われる場所から見る寒峰方面。寒峰は後側のピークだと思います。


DSC_0112-1390.jpg

◆進行方向の前烏帽子山方面、山頂まで遠いです ^^;


DSC_0129-1000a.jpg

◆一度、下ります。


DSC_0137-1415.jpg

◆振り返って見る下ってきた稜線


DSC_0154-1450k.jpg

◆鎖場
 雪に埋もれた鎖は動きません。鎖を握って降りることができません(-_-;)
 慎重に降ります。


DSC_0158-1495.jpg

◆下側から見る鎖場
 慎重に降りることで乗り切ろうとしました。 
 2,3歩進んだ所で足の置き場が見つからず、
 滑って降りようとしたところ、そのまま数m滑り落ちました(-_-;)
アイゼンとピッケルを持参していましたが、
 この時は先を急いでいたので、どちらもバッグの中にありました。
 もう少し、考えてここを通過すべきでした。


DSC_0159-1496.jpg

◆鎖場の下側の斜面
 数mで止まって、事なきを得ました。


P3193058-1010a.jpg

◆進みます。


P3193062-1500.jpg

◆振り返って見る稜線、この稜線のピーク付近から斜面側に移動する場所で滑りました。
 

P3193104-1520.jpg

◆降りていきます。

P3193145-1550f.jpg

◆登ります。


P3193162-1540f.jpg

◆赤いテープを確認しながら進みます。


P3193195-1570b.jpg

◆振り返ります。
 歩いた稜線(右側の稜線)を確認します。


P3193198-1570.jpg

◆傾斜が急なので、休みながら進みます。
 体力が消耗し、足が重い状況でした。


P3193201-1595.jpg

◆前烏帽子山、15時30分頃到着。


P3193209-1596b.jpg

◆前烏帽子山から見る歩いた稜線(右側の稜線)と矢筈山方面


P3193227-1105a.jpg

◆寒峰方面


P3193228-1100a.jpg

◆三嶺から天狗塚の稜線


P3193206-1585.jpg

前烏帽子山まで2kmあります。遠いです。
 前烏帽子山は落合峠から2km地点です。


P3193201-2560a.jpg

◆寒峰と案内板
 烏帽子山まで1kmあります。遠いです。
 登山口まで日没までに到着できるか心配になります。
 ここから、進行方向が北向きになり、右側に矢筈山を見ながら進みます。


P3193229-16010.jpg

◆進みます。


P3193247-1620.jpg

◆進みます。


P3193251-1630.jpg

◆振り返ります。


P3193291-1650.jpg

◆進行方向、烏帽子山の山頂がはっきりと分かりました。
 烏帽子山の山頂は中央の積雪があるピークです。


P3193308-1670.jpg

◆矢筈山(左奥)を見ながら進みます。


P3193319-2450aJPG.jpg

◆山頂が見えています。
 下ります(-_-;)


P3193330-1680.jpg

◆進みます。


P3193357-1680f.jpg

◆進みます。


P3193359-1695.jpg

◆山頂まであと少しの地点。
 足が重く、休みながら進みます。

 
P3193409-1699.jpg

◆矢筈山(左側のピーク)
 山頂直下の登山道に残雪が少しありました。
 積雪の層が薄く、踏み抜き多発でした。
 周囲の山を見ながら小休憩を繰り返します。


P3193416-1697.jpg
 
◆歩いた稜線
 休みながら登ります。


P3193425-1700.jpg

◆山頂稜線に到着です。


P3193414-2535a.jpg

◆前烏帽子山


P3193415-2505a.jpg

◆寒峰


P3193418-2540a.jpg

◆矢筈山(中央奥)


P3193426-1698.jpg

◆山頂付近 16時50分頃到着。
 山頂を示す標識などは雪の下にあると思われます。
 一番高い場所に立ち、登頂としました^^


P3193445-2000.jpg

◆17時頃、下山開始です。
 赤テープで登山ルートを確認し、GPSで現在地を確認し、
 登山コースを外れないように移動します。
 

P3193455-2010.jpg

◆登山ルートを外れて、タイムロスが発生すると、山中で日没になる可能性が高いので
 慎重にコースを確認しながら進みます。


P3193461-2020.jpg

◆北側の山並み


P3193469-2050.jpg

◆進みます。


P3193476-2060.jpg

◆赤い札があります。
 矢印が書かれていませんが(文字が消えてしまった?)、
 ここで尾根から斜面方向に進路を変更します。


P3193480-2100.jpg

◆曲がった方向に赤いテープがあったので、こちらの方向が登山ルートでした。
 赤テープに従って、降りていきます。


P3193500-2150.jpg

◆杉林の中を赤テープに沿って降りていきます。
 しかし、登山口に近づいた付近で、赤テープを見失います。
 登山コースと思われる場所を歩いて降りていきます。



P3193504-2160.jpg

◆登山口の案内のある場所に18時過ぎに着きました。三叉路になっています。
 地図と現在地の照合しましたが、
 地図の登山口付近の地形と自分がいる場所の地形が一致していません。
 橋を渡り少し進みましたが、登山口に行く方向かどうかは分かりません。
 ここで、どちらに行けばよいか分からなくなりました(-_-;)

 下山なので標高の低い方向に行くべきと判断し、
 川の下流側に進むことにしました。



P3193508-2200.jpg

◆烏帽子山の下側の登山口付近に到着しました^^


P3193509-2150.jpg

◆烏帽子山の下側の登山口に18時30分頃到着。
 なんとか真っ暗になる前に登山口に到着しました。

 ここからは車道を歩いて帰ります。
 凍っている場所では滑ることもありました。
 暗くなると、ライトを点灯して歩きした。
 真っ暗になると、空に星が現れたので星を見ながら帰りました。


P3193516-2500.jpg

◆出発地点の深淵に19時40分頃到着しました。
 出発が8時20分だったので、約11時間20分の登山でした。
 着替えて、帰路に就きました。
 下山が遅くなり、近くで22時頃まで営業している温泉を見つけられず
 この日は温泉に入らずに帰りました。


◆まとめ◆
 ・落合峠を13時20分頃に出発し、烏帽子山に登り、
  明るい時刻に下側の登山口に到着する計画には無理がありました。
 ・落合峠から烏帽子山までは、周囲の山並みの景色を楽しむことができました。 
 ・鎖場では急ぐあまり、滑落対策を怠り、数m滑り落ちました。
  滑る可能性が高いと思っていたので、時間をかけても、アイゼンを装着し、
  ピッケルを手に持つべきでした。




◆烏帽子山と矢筈山




◆落合峠

2017年3月19日、徳島県の烏帽子山(1540.6m)へ 深淵~落合峠 [登山]

四国の山の続きです。
2017年3月19日、徳島県の烏帽子山に登りました。

この日の予定の山は3月4日に登ることができなかった矢筈山です。
今回はルートを変えて落合峠から登ることにしました。

登山口の落合峠への到着が遅くなり矢筈山登山は中止し、
落合峠に登山口のある烏帽子山を経由して帰ることにしました。

烏帽子山の下側の登山口には真っ暗になる前に到着できましたが、
この日の出発地点の深淵への移動途中でライトを点灯、19時40分頃に深淵に到着。
反省点の多い登山となりました。

今回は出発地の深淵から落合峠付近までの様子についてです。

DSC_0003-10.jpg

◆この日の出発地点の深淵、8時20分頃出発。
 ここから落合峠まで歩きます。
 落合峠に続く県道44号三加茂東祖谷山線は、
 この先で積雪・凍結により3月31日まで通行止めです。


DSC_0007-20.jpg

◆深淵にあるこの付近の山の案内図


DSC_0011-30.jpg

◆車道を歩きます


DSC_0045-45.jpg

◆県道44号はここから通行止めです。


DSC_0055-50.jpg

◆斜面のあちらこちらにつららがありました。
 進みます。

DSC_0061-60.jpg

◆ヤマガラ
 朝はあちらこちらから鳥の鳴き声が聞こえます。
 朝は野鳥に遭遇する可能性が高いと思います。

DSC_0115-60.jpg

◆アトリ。群れで道路にいました。
 鳥を探しながら道路を歩きます。


DSC_0132-70.jpg

◆コゲラ


DSC_0134-80.jpg

◆アトリ


DSC_0172-90.jpg

◆ホオジロ


DSC_0202-100.jpg

◆烏帽子山の登山口、9時55分頃通過。
 ここから烏帽子山の山頂を通らずに落合峠の近くまで続く登山道があります。
 この登山道の方が車道よりも短い距離で落合峠付近に到達することができます。
 しかし、登山道の積雪の状況が分からないので、
 時間がかかっても落合峠に到着できる可能性が高い車道で落合峠に移動します。


DSC_0210-105.jpg

◆烏帽子山の登山口を過ぎると、車道の積雪が急に増えました。
 進みます。


DSC_0227-120.jpg

◆振り返って見る山。積雪が多そうです。


DSC_0212-110.jpg

◆石堂山の登山口を10時5分頃通過。


DSC_0283-150.jpg

◆車道を横断するカモシカを見ました^^


DSC_0301-160.jpg

◆バーコードのような模様の道路、11時15分頃。
 深淵から3時間ほどで落合峠に到着できると考えていましたが、
 GPSで現在地を確認すると、落合峠までかなりの距離があります^^;


DSC_0313-180.jpg

◆糞がありました。


DSC_0314-170.jpg

◆日当たりの良い場所は雪が少ないです。
 進みます。


DSC_0320-195.jpg

◆烏帽子山
 歩いている時は、この山の名前を知りませんでした^^;
 進みます。


DSC_0375-205.jpg

◆道路は雪が多いです^^;


DSC_0453-215.jpg

◆同上。足が沈み、歩くのがかなり遅いです(-_-;)


DSC_0521-250.jpg

◆落合峠に近づきました^^


DSC_0602-360.jpg

◆落合峠!!


DSC_0614-380.jpg

◆落合峠、13時5分頃到着。出発地点の深淵から落合峠まで約5時間かかりました^^;
 ここはとても展望の良い場所です。



DSC_0615-400.jpg

◆落合峠から見る矢筈山方面
 矢筈山は左側奥のピークです。


DSC_0723-400c.jpg

◆矢筈山の登山口
 ここから矢筈山までは無積雪期の往復で約3時間20分かかります。
 積雪と落合峠から帰る時間を考慮すると、
 13時過ぎから矢筈山に行くことはできません(-_-;)


DSC_0677-400b.jpg

◆三嶺山から天狗塚の山並み(一番後ろの山並み)、良い天気ですが霞んでいます^^;


DSC_0749-401d.jpg

◆烏帽子山に続く稜線
 時刻は13時20分、この後どうするか考えます。
 矢筈山に行かないのであれば、歩いてきた車道を戻ることになります。
 落合峠に来て帰るだけでは達成感がありません。

 登山ガイドブックで落合峠に登山口のある烏帽子山の登山時間を確認。
 落合峠から烏帽子山山頂を経由して下側の登山口に
 約5時間後の18時過ぎに到着できます。
 
 登山口からは歩いてきた車道を戻るだけなので、
 ライトを点灯して日没後も歩くことができます。
 
 どうするか考えます。
 
 道路を歩いて帰っても、出発地点に到着するのは17時を過ぎるので、
 烏帽子山経由で帰ることにしました。


DSC_0868-1100.jpg

◆振り返って見る落合峠
 1つ目のピークまでは雪山歩きを楽しむことができました。
 それから先は、日没までに登山口に到着するために、ひたすら歩き続けました(-_-;)
 
 次回に続きます。




◆烏帽子山と矢筈山




◆落合峠

2017年03月|2017年04月 |- ブログトップ