So-net無料ブログ作成

2017年3月4日、徳島県の石堂山(1636m)へ [登山]

四国の山の続きです。
2017年3月4日、徳島県の石堂山に登りました。

前回は高知県の中津明神山に登りました。
http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2017-03-03

中津明神山から石鎚山を見ることができなかったので、
今度は愛媛県側の山から石鎚山を見る計画を立てました。

しかし、出発が遅くなり、移動途中のサービスエリアで行き先を再検討した結果、
サービスエリアから比較的近くにある徳島県の石堂山に変更しました。

石堂山の登山口を出発するときは石堂山だけではなく、
できれば石堂山から矢筈山までの縦走し、
剣山を見たいと思っていましたが、
途中の石堂神社で矢筈山まで5.2kmの表示を見て、
矢筈山までの縦走はあきらめました。

この日は、雪上歩きと矢筈山の風景を楽しむことができました。
その様子です。


P3041323-10.jpg

◆石堂山の登山口、10時15分頃に出発。


P3041335-20.jpg

◆杉林の中を歩きます。


P3041382-30.jpg

◆杉林の出口
 この杉林の中で一度、道を間違えました^^;
 この杉林を抜けた後、また杉林の中を歩きます。


P3041419-30.jpg

◆青空です。

P3041443-40.jpg

◆石堂神社、標高1200m、11時35分頃到着。

P3041454-60.jpg

◆石堂神社付近から見る矢筈山
 矢筈山までの距離は近くありません^^;


P3041479-100.jpg

◆石堂神社付近から各山までの距離
 石堂山 3.2km 矢筈山 5.2km 黒笠山 8.5km
 矢筈山まで5.2km!、この時点で矢筈山までの縦走は無理と判断。
 更に石堂山までもあまり余裕が無いことに気づきました(-_-;)



P3041507-110.jpg

◆雪の稜線上を歩きます。
 稜線上には木があり、周囲の山並みを一望することができません。


P3041519-130.jpg

◆木の幹、枝を移動する野鳥がいました。
 しばらく立ち止まって観察します。 
 


P3041523-140.jpg

◆木の幹の表面を移動することからゴジュウカラではないかと思っていました。
 後日、野鳥の本で確認するとゴジュウカラでした。



P3041549-150.jpg

◆距離表示 12時25分頃
 石堂山 2.3km  矢筈山 4.3km  黒笠山 7.6km
 約50分で900mしか進んでいません。先を急ぎます。


P3041565-170.jpg

◆稜線上の開けた場所から見る西から北方面の風景


P3041576-175.jpg

◆稜線上を歩きます。


P3041630-185.jpg

◆青空とブナの木
 進みます。


P3041715-205.jpg

◆ブナ林と笹
 この付近の登山ルートは稜線から少し外れて斜面を通っています。
 


P3041736-200.jpg

◆笹原の中の登山道
 積雪の層が薄く、グリップ力がなく滑りやすいです。
 登る時は転けませんでしたが、下山時は滑り、一度転けました。


P3041758-250.jpg

◆大きな岩があります。
 この付近から、また稜線上をあるきます。


P3041760-250.jpg

◆白滝山との分岐点、13時15分頃通過。


P3041769-270.jpg

◆分岐点からはトレースがありました。
 登ってきたルートにはトレースがなかったので、
 別ルートから稜線に登って来た方がいるようです。


DSC_0057-1326.jpg

◆稜線上には木があり、矢筈山の稜線の全てを見ることができません。
 木々の隙間から矢筈山の稜線を見ていると
 稜線の後ろ側に標高の高い山がある事に気づきました。


DSC_0061-1326-1.jpg

◆稜線の後ろ側に標高の高い山のアップ
 当日は気づいていませんてしたが、
 山頂のアンテナと山小屋があることから、たぶん剣山です^^
 

P3041826-288.jpg

◆木々の間から見る矢筈山の稜線


P3041860-300.jpg

◆展望の良い場所に到着。


P3041867-310.jpg

◆展望の良い場所から見る矢筈山
 進みます。



P3041881-325.jpg

◆進行方向


P3041944-390.jpg

◆石堂山まで0.7km
 まだ、山頂まで距離があります。


P3041975-367.jpg

◆進みます。


P3041990-398.jpg

◆矢筈山に続く稜線


P3041997-399.jpg

◆振り返って見る登ってきたコース



P3042010-396.jpg

◆上の場所から見る矢筈山の稜線


P3042016-395.jpg

◆矢筈山の稜線の続き、北側です。


P3042022-394.jpg

◆更にその北側です。
 進みます。


P3042092-460.jpg

◆山頂方向


P3042099-485.jpg

◆ダケカンバの木があります。
 秋には紅葉が期待できそうな稜線です。


P3042149-490.jpg

◆ここは山頂ではない^^;
 進みます。


P3042194-600.jpg

◆前のピークが山頂にちがいありません。
 進みます。


P3042199-610.jpg

◆お塔石の案内板


P3042201-625.jpg

◆お塔石
 進みます。


P3042215-635.jpg

◆山頂方向から見るお塔石


P3042220-660.jpg

◆上と同じ場所から見る登ってきた方向、どこから登り始めたかは分かりません。
 進みます。


P3042229-670.jpg

◆山頂方向


P3042247-680.jpg

◆山頂直下!!


P3042289-695.jpg

◆石堂山の山頂、トレースのみで誰もいません。
 山頂に14時30分頃に到着。
 登山口を10時15分頃に出発したので、山頂まで約4時間15分かかりました。


P3042294-701.jpg

◆石堂山の山頂から見る矢筈山(左側の峰)


DSC_0150-1500a.jpg

◆矢筈山のアップ


P3042266-700a.jpg

◆山頂の西側は林があり、西側は周囲の山を見ることができません。
 少し、休憩します。しかし、動かないと寒いです。


P3042317-900.jpg

◆14時40分頃、下山開始です。
 17時に登山口到着を目標とします。


P3042361.-910JPG.jpg

◆空は灰色の雲に覆われています。

P3042412-920.jpg

◆野鳥、コガラ
 進みます。


P3042601-930.jpg

◆野鳥、コゲラ
 進みます。


P3042608-940.jpg

◆分岐点に15時40分通過。


P3042627-950.jpg

◆笹のある場所を通過、とても滑りやすいです。
 転けると斜面を滑落する可能性が高いので注意して進みます。


P3042669-975.jpg

◆稜線上を進みます。


P3042706-980.jpg

◆石堂神社付近に16時15分頃到着。


P3042717-980.jpg

◆石堂神社付近の分岐点
 この先、この道ではなく杉林の中を歩きます。


P3042725-990.jpg

◆杉林の中を歩きます。

P3042730-990.jpg

◆まだ、青空が残っています。
 進みます。


P3042749-1000a.jpg

◆木が少ない場所から、矢筈山の稜線を見ることができました。


P3042771.-995JPG.jpg

◆登山口に17時10分頃に到着です。
 
 登山口出発 10時15分頃
 山頂到着  14時30分頃
 登山口到着 17時10分
 6時間55分の登山でした。


P3042770-999.jpg

◆この付近の山の案内図
 駐車した場所にもどり着替えて、温泉に移動します。
 移動途中で、道路に大きな鳥がいました。
 自動車を止めて、写真を撮ろうとしましたが、
 鳥は道路から斜面に直ぐに移動しました。鳥の種類はヤマドリです。

 岩戸温泉 つるぎの宿で温泉に入り、夕ご飯を食べて
 この日の予定が終了しました^^


◆まとめ
 予定を変更して石堂山に登りましたが、
 雪上歩きと積雪のある山並みの景色を楽しむことができました。

 コース途中の石堂神社で石堂山まで3.2kmの距離を見たときは
 日没までの下山は難しく、途中でUターンかと思いましたが、
 登頂し何とか17時過ぎに下山することができました。

 今回は矢筈山に行くことはできませんでしたが、
 次の機会に矢筈山に登りたいと思います。





◆石堂山




◆剣の宿 岩戸

2017年3月12日、名古屋市内で見たカンヒサクラなど [風景]

2017年3月12日に名古屋市の愛知県美術館付近で見たカンヒサクラなどについてです。

IMG_1080-100.jpg

◆カンヒサクラ
 愛知県美術館付近で見たカンヒサクラです。


IMG_1096-150a.jpg

◆カンヒサクラの花


IMG_1075-110.jpg

◆別のカンヒサクラにメジロがいました1。


IMG_1079-105.jpg

◆カンヒサクラにメジロがいました2。


IMG_1107-120.jpg

◆名古屋テレビ塔とモクレン、 このモクレンはまだつぼみでした。


IMG_1110-130a.jpg

◆愛知県美術館から名古屋駅に移動する途中で見た名古屋駅周辺の高層ビル


IMG_1131-150.jpg

◆名古屋駅近くから見上げるビル
 文字が書かれているように見えます。


IMG_1150-160.jpg

◆「10th」と書かれています。
  後日調べると、ミッドランドスクエアが開業10周年で、
  壁面のイルミネーションを行っていました。

  ミッドランドスクエアから見る名古屋市内は↓を見てください。
  2014年3月22日、ミッドランドスクエアから見る名古屋市の夜景
  http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2014-03-26


IMG_1136-160a.jpg

◆モード学園スパイラルタワーズ


IMG_1155-170.jpg

◆JRセントラルタワーズ
 真下から見上げるととても高く見えます^^




◆愛知県美術館は愛知芸術文化センター10階です。




◆ミッドランドスクエア

2017年2月4日、石川県の富士写ヶ岳付近へ [途中撤退]

2017年2月4日の石川県の富士写ヶ岳(942m)の撤退の記録です^^;

この日は別の山に登る予定でしたが、
高速道路のサービスエリアでの仮眠時間が長くなり、行き先を変更しました。
検討した結果、サービスエリアから比較的近くにある富士写ヶ岳を目指すことにしました。

富士写ヶ岳の我谷コースの登山口付近の駐車スペースは既に駐車中で空きスペースがなく、
ダム湖の上流側の枯渕コースの登山口から富士写ヶ岳に登ることにしました。

しかし、枯渕コース側の登山口付近には登った形跡、下山した形跡がありません。
我谷の登山口から登っている方がいるので、こちら側に下山した登山者がいるのでは?と、
疑問に思いつつ、こちら側の登山口から登ることにした。

登り始めて直ぐに登山ルートが分からなくなり、タイムロス発生。
登山ルートに復帰しましたが、しばらくして登山ルートが分からなくなり
GPSで現在位置と登山ルートを確認しましたが、
登山ルートに復帰できませんでした。

結局、登山口から約200~300m登った地点で引き返しました。
その状況です。

P2049559-10.jpg

◆想郷広場にある九谷ダム周辺の案内図
 九谷ダム周辺を少し歩きます。


P2049566-20.jpg

◆富士写ヶ岳の稜線


P2049593-20JPG.jpg

◆ダム湖を横断する日置大橋、積雪があります。
 雪の上を歩くと足首くらいまで沈みます。


P2049598-30.jpg

◆ダム湖上の橋から見る富士写ヶ岳
 この後、想郷広場に戻り、11時30分頃、富士写ヶ岳の登山口に移動を開始しました。


P2049644-50.jpg

◆九谷ダム
 九谷ダムを渡り、登山口に移動します。


P2049676-60.jpg

◆ダム湖の対岸の道
 最初は人の歩いた跡がありましたが、途中から人の歩いた跡が無くなりました。
 道路の端を歩いていると、深く沈むことがありました。
 道の端には水路がありました^^; これ以降、道の中央を歩きました。
 

P2049687-60.jpg

◆駐車場


P2049705-100.jpg

◆枯渕の登山口、12時40分頃到着。出発してからここまで約50分かかりました。
 出発してからここまで数100mの距離ですが、足が雪に沈み、歩行速度が遅くなりました。

 この先の登山ルートにはトレースがありません^^;
 この状況では、ここで引き返した方が賢明かと思いましたが、
 この冬の初めての積雪のある山だったので、進める所まで進むことにしました。
 

P2049714-100.jpg

◆杉林の中を歩きます。


P2049715-10a.jpg

◆登山口から少し進んだ写真の場所で道が分からなくなり、
 登山ルートを確認するために一度引き返します。
 ここまでのルートは間違ってないようです。
 この後、登れそうな場所を探しながら進みます。



 


P2049717-50a.jpg

◆コースが分からなくなり、コースを探している最中に見た動物の痕跡、足跡と糞
 糞の形からシカと思っていましたが、後日、シカは歩きながら糞をする、
 カモシカは一ヶ所にまとめて糞をする、ということを知りました。
 糞の主はカモシカの可能性があります。


P2049723-160.jpg

◆行ったり来たりを繰り返した斜面
 

P2049729-25a.jpg

◆何とか登山コースと思われる場所にたどり着くことができました。
 時刻は13時40分です。コースが分からなくなってから約50分経過していました。
 登った距離(標高差)は50mもないと思います。
 その後、登山コースを歩いたり、外れたりを繰り返しました。


P2049746-180.jpg

◆登山道の案内板のある場所に到着しました。14時55分。
 この後すぐ、登山道が分からなくなり、現在地と登山ルートをGPSで確認。
 稜線上に登山ルートがあるようなので、
 斜面を登って登山ルートに到達しようと考えました。


P2049767-200.jpg

◆登ろうとした斜面、15時頃。
 しかし、少し登った所で、この雪の斜面を登る体力が無いことが分かりました^^;
 登山口から約2時間、登山口からの標高差が200-300m付近の
 この場所で引き返します。


P2049772-250.jpg

◆上空は青空です。
 下山を継続します。
 

P2049774-270.jpg

◆歩いてきたルートを戻ります。


P2049789-280.jpg

◆登るときには登山ルートが分からなかった付近
 下山時は登山ルートが何となく分かりました。
 分からなくなった場所より10mくらい上にルートと思われる場所がありました。



P2049796-300.jpg

◆登山口付近に戻りました。
 出発から約3時間経過した15時35分に到着。


P2049830-350.jpg

◆登山口付近の駐車場
 九谷ダム付近に戻ります。


P2049857-400.jpg

◆ダム付近から見る富士写ヶ岳


P2049891-420.jpg

◆夕日で山の上部の斜面が明るくなっています。
 この後、着替えて、自動車で更に山の奥の方に移動します。


P2049911-500.jpg

◆白い山は大日岳?
 この風景を見た後、Uターンしやすい場所まで移動し、平野部にある温泉に移動します。


P2049919-500.jpg

◆平野部から見る夕日


P2049925-510.jpg

◆平野部から山並み、山の名前は不明。
 富士写ヶ岳?と思いながら見ていました。


P2049928-550.jpg

◆平野部から見る白山、2月の白山は真っ白です。
 最後の最後で白山が見られて良かったです^^
 この後、片山津温泉の大江戸温泉物語で温泉に入り帰りました。





◆まとめ
 この冬初めての積雪のある登山は、撤退で終わりました。
 富士写ヶ岳に登るのは初めてですが、
 隣の小倉谷山の山頂から富士写ヶ岳の姿を見たことがあったので、
 たぶん登れるだろうという油断がありました。
 登山口までの歩く遅さと、登山口から先にトレースが無かった時点で
 山頂への到達は難しいと思っていました。

 今回の登山で、積雪のある登山で注意すべき点↓を思い出すことことができました。
  ・登山口にトレースがない山は難易度が高い可能性がある、
   登ることができない可能性が高い。
  ・積雪があると登山ルートが雪で分からないことがある。

 積雪のある山の注意点を思い出すことができた、
 真っ白な白山を見ることができた、途中撤退の富士写ヶ岳の登山でした^^;
 
 この登山の2週間後に高知県の中津明神山に登りました。


◆この付近の過去の登山記録
 2015年5月3日、福井県の火燈山へ 小倉谷山の山頂から登山口まで
 http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2015-05-18




◆富士写ヶ岳

2017年2月18日、高知県の中津明神山(1540.6m)へ [登山]

2017年2月18日、高知県の中津明神山に登りました。

この日の目的は、雪上歩きと雪に覆われる石鎚山を見ることです。

サービスエリアでの仮眠が長時間になり、
登山口の吾川スカイパークへの到着時刻がかなり遅くなりました^^;

準備をして、12時30分頃に出発し、山頂に15時50分頃到着。
山頂付近からは雪に覆われる石鎚山を見ることはできませんでしたが、
霧氷を見ることができました。

17時35分頃に登山口に到着しました。

この日も何とか明るいうちに登山を完了することができました。

その様子です。

P2189969-10.jpg

◆出発地点、吾川スカイパークです。ここはパラグライダー基地です。
 12時30分頃出発。


P2180004-20.jpg

◆登山口

P2180007-30.jpg

◆道路を横断します。
 この後、道路を何度も横断します。


P2180045-40.jpg

◆杉林の中を歩きます。


P2180065-50.jpg

◆案内に従って進みます。

P2180073-60JPG.jpg

◆標高が高くなると、積雪があります。


P2180116-70JPG.jpg

◆登っていくと積雪が増えます。


P2180183-80.jpg

◆日が差し込みます。


P2180207-90.jpg

◆稜線が見えました。


P2180219-100.jpg

◆進みます。


P2180228-110.jpg

◆赤いテープとトレースを頼りにして進みます。


P2180240-120.jpg

◆この付近、思いの外、急斜面でした^^;

P2180267-150.jpg

◆斜面を横切って、道路に到着しました。一安心です^^

P2180337-180.jpg

◆しばらく車道を歩きます。


P2180383-185.jpg

◆山頂と思われるピークが見えています。
 登山ルートは歩く距離は短いですが、急な登りの部分では体力を消耗するので、
 車道を歩くことにしました。


P2180401-190.jpg

◆見上げていた稜線の高さにかなり近づきました。


P2180487-196.jpg

◆登ってきた方向の麓
 出発地点の吾川スカイパーク(右下の広い平坦な場所)も見えています。


P2180539-197.jpg

◆北側の斜面に続く車道、大部分が雪に覆われています。


 
P2180551-200.jpg

◆ここで、嬉しい想定外、「霧氷」を見ることができました。


P2180557-210.jpg

◆嬉しくない想定外、山頂まで0.8km (-_-;) 
 山頂までの直線距離は 目測で約100mです。
 時刻は15時20分、下山時刻が心配になりますが
 車道に沿って山頂を目指します。


P2180569-250.jpg

◆樹氷を見なから進みます。
 背景は猿越山(1436m)に続く稜線です。


P2180593.-260JPG.jpg

◆積雪と稜線


P2180629-291.jpg

◆見上げていた稜線が眼下に。



P2180715-292.jpg

◆山頂方向、霧氷がたくさんあります。



P2180731-299a.jpg

◆青空と「霧氷」のアップ
 


P2180740-294.jpg

◆山頂に続く車道、ここを歩いて行きます。
 山頂まで0.8kmの案内板を見たときはがっかりしましたが、
 この霧氷の景色を見ると、このコースを選択して良かったと思いました(^-^)


P2180835-290a.jpg

◆分岐点、山頂と思われる高さの場所が2ヶ所あり、
 とりあえが西側のピークに進みます。


P2180866-295b.jpg

◆山頂と思った場所はピークではありませんでした^^;
 南西~南方面の山並みが見えています。たぶん、四国カルストの山並みです。


P2180846-297.jpg

◆南側の山並み、平らな山は、たぶん「鳥形山」です。石灰石の鉱山の山です。


P2180847-296.jpg

◆こちらが山頂方向です。
 バックして山頂を目指します。


P2180908-297d.jpg

◆振り返って見るピークだと思っていた場所

 
P2180936-298d.jpg

◆山頂への最後の登りです。


P2180946-299.jpg

◆山頂、15時50分到着。
 座っていると寒いです(>_<)


P2180952-300.jpg

◆山頂から見る猿越山方面、笹原の中に道があります。


P2180957-310.jpg

◆雲の下付近に石鎚山が見えるはずですが、雲に隠れています。
 今回の目的の一つは雪に覆われる石鎚山を見ることでしたが、
 それは実現しそうにありません。残念。


P2180959-320.jpg

◆上の写真の左側の山並み。


P2180990-350.jpg

◆2つ上の写真の右側の山並み


P2181002-360.jpg

◆登ってきた方向の麓、東側。
 寒いので少しだけ休憩して、下山します。


P2181007-305a.jpg

◆下山開始です。16時過ぎです。
 下山完了予定時刻を17時30分に設定。帰りは車道ではなく、
 最短コースの登山ルートで下山します。


P2181021-400.jpg

◆進みます。


P2181050-402.jpg

◆登山ルートと思われる場所を歩きます。



P2181099-415.jpg

◆時々、ルートを外れて踏み抜くことがありました^^;


P2181108-450.jpg

◆振り返って見る山頂方向
 進みます。


P2181160-470.jpg

◆登山ルートは車道と何回か交差します。


P2181164-475.jpg

◆進みます。


P2181170-476.jpg

◆目の前に野鳥がいました。しばらく、動かずに観察します。
 種類は「ウソ」です。こちらが動くと、飛び去りました。

P2181197-480.jpg

◆斜面を下ります。
 何回か踏み抜き、そのうち2回はゆっくりと前に転倒しました。
 1回は足全体が埋まり、脱出に手間取りました^^;
 雪上歩きのいろいろな注意すべき事を経験して思い出しました。


P2181208-480.jpg

◆斜面を下ります。

P2181240-500.jpg

◆杉林の中を下っていきます。


P2181271-510.jpg

◆登山口、17時35分頃到着。概ね予定時刻に戻ることができました。


P2181299-515.jpg

◆振り返って見る吾川スカイパークと中津明神山

P2181301-520.jpg

◆中津明神山のアップ
 遠くから見ると積雪は少なそうですが、雪上歩きを楽しむには十分な量でした。

 着替えをした後、「中津渓谷 ゆの森」で温泉に入り、帰路につきました。


◆まとめ
 雪に覆われた石鎚山を見ることはできませんでしたが、
 雪上歩きを楽しむこと、雪道歩きの注意点を思い出すことができました^^




◆(中津)明神山