So-net無料ブログ作成

2016年11月5日、鹿児島県の開聞岳へ [登山]

11月5日、鹿児島県の開聞岳に登りました。
この日のコースは↓です。
  指宿駅~バス~開聞山麓自然公園のバス停~徒歩
   ~かいもん山麓ふれあい公園の登山口~開聞岳~徒歩~開聞駅

かいもん山麓ふれあい公園でバスを降りる予定でしたが、
降りる場所を間違え、登山口までの5kmを徒歩で移動することになりました^^;


IMG_3525-2000.jpg

◆指宿駅前で鹿児島交通のバスに乗車します。




PB055446-1010.jpg

◆8時50分頃、バスを降りて登山口へ。
 移動前にガイドブックを見て現在地を確認。



 
PB055448-1020.jpg

◆現在地。
 予定していた登山口付近でないことに気づきました^^;
 登山口まで5kmあります(>_<)




PB055453-1050.jpg

◆降りる場所の公園の名前が違っていました^^;
 登山口があるのは開聞山麓自然公園ではなく、かいもん山麓ふれあい公園でした^^;
 ガイドブック(1999年発行)には開聞山麓自然公園の登山ルートの記載があるので、
 こちらから登山を開始することにしました。




PB055450-1030.jpg

◆別ルートの登山口
 登山口に、
  「この登山道は危険です。開聞岳登山をされる方はふれあい公園の登山道をご利用ください」
 とかかれています。
 危険とかかれているので、ここからの登山を中止して、ふれあい公園の登山口まで移動します。
 5km歩きます^^;



PB055467-1050.jpg

◆県道243号から見る開聞岳
 開聞岳や周囲の景色を見ながら歩きます^^



PB055508-1100.jpg

◆南国を感じる開聞岳




PB055544-1100.jpg

◆あまり見たことがない木の組み合わせ、ワシントンヤシ?と楠
 楠の葉は新緑のように見えます。



PB055548-1060.jpg

◆楠の葉のアップ
 楠の葉は新緑です^^



PB055562-1120.jpg

◆道路の周囲は畑作です。水田は見あたりません。
 周囲の景色を見ながら進みます。




PB055580-1200.jpg

◆かいもん山麓ふれあい公園まで1kmです。




PB055634-1210.jpg

◆かいもん山麓ふれあい公園まであと400mです。



PB055640-901a.jpg

◆1合目です。今回は1合目からスタートです。
 山頂まで4.2kmです。



PB055645-1250.jpg

◆かいもん山麓ふれあい公園
 徒歩なので直進します。



PB055654-1295.jpg

◆これより先にトイレはありません、と書かれています。
 トイレに立ち寄ります。




PB055671-1300.jpg

◆2合目、10時15分到着。
 開聞岳の登山口です。ここから登山道です。



PB055687-1000a.jpg

◆樹林帯を歩きます。



PB055732-1390.jpg

◆林の中を歩きます。
 展望がありません。 



PB055738-1410.jpg

◆5合目、11頃到着。5合目は展望があります^^



PB055746-1415.jpg

◆5合目からの展望、長崎鼻(右端)



PB055753-1480.jpg

◆5合目からの展望、池田湖
 進みます。



PB055768-1500.jpg

◆6合目
 進みます。



PB055815-1570.jpg

◆7.1合目付近からの展望、長崎鼻



PB055837-1590.jpg

◆7.1合目付近からの展望、輝く海がきれいです。



PB055844-1571.jpg

◆7.1合目



PB055847-1600.jpg

◆この付近から見られる海の景色の説明図
 種子島、屋久島が見られるとかかれています。
 (下山時に海をじっくりと見ましたが、
  島と思われるものが見えましたが、霞んでいて個々の島を特定できませんでした。)

 進みます。展望がよい場所がたまにあります。
 


PB055884-1690.jpg

◆展望のよい場所から見る北西方向の海岸線



PB055890-1692.jpg

◆展望のよい場所から見る麓の畑のアップ



PB055896-1691.jpg

◆展望のよい場所から見る池田湖
 進みます。



PB055906-1695.jpg

◆ハシゴを登ります。



PB055932-1698.jpg

◆山頂直下



PB055945-1810.jpg

◆開聞岳山頂、12時40分頃に到着。2合目から約2時間25分かかりました。
 たくさんの方が山頂にいます。
 しばらく休憩します。



PB055954-1500a.jpg

◆山頂から展望、長崎鼻



PB055959-1502a.jpg

◆山頂から展望、長崎鼻から少し北側の風景



PB056038-1506b.jpg

◆山頂から展望、池田湖周辺



PB056034-1515c.jpg

◆山頂から展望、歩いた県道243号付近のアップ



開聞駅付近.jpg

◆山頂から展望、麓の街並みと開聞駅付近(赤い矢印がある付近)
 駅は見えていません。
 (山頂に居た時は、開聞駅がどこにあるか分かっていませんでした。)



PB055995-1505a.jpg

◆山頂から展望、北西方向の海岸線




PB055951-1900.jpg

◆山頂の北西~南側は樹林帯です。
  休憩後、下山開始です。



PB056087-2000.jpg

◆山頂より少し下った場所から見る山頂付近
 岩が突き出ている場所が山頂です。

 

PB056095-2105.jpg

◆登山道
 大きい石がある箇所があります。足元に注意して進みます。
 大きな石がある場所では転びませんでしたが、
 小石に覆われた場所で一度転びました^^;



PB056125-2050.jpg

◆展望の良い場所からの眺め
 登る時には見ていますが、下りる時も見ます^^



PB056152-2100.jpg

◆登山道は林の中です。




PB056187-2100.jpg

◆7.1合目からの眺め
 微かに陸地が見えていますが、大隅半島か種子島か、それ以外の島か分かりません^^;


 
PB056252-2180.jpg

◆15時5分頃、太陽の位置が低いです。



PB056254-2200.jpg

◆15時5分頃の林の上空、まだ明るいです。
 


PB056268-2210.jpg

◆進みます。




PB056276-2250.jpg

◆2合目の登山口に15時15分頃に到着。約5時間の登山でした。
 トイレのある場所まで移動します。



PB056308-2520.jpg

◆トイレのある場所から見る開聞岳
 



PB056293-2500.jpg

◆トイレのある場所にある自動販売機
 よく見ると、木の枝のようなものが自動販売機の前に貼り付いています。
 ナナフシ?と思い、触ってみます。動きました! ナナフシでした。
 ナナフシを見たのはすごく久しぶりです^^
 ここで、休憩して開聞駅まで徒歩で移動します。
 




PB056330-2550.jpg

◆指宿枕崎線の踏切
 渡ります。



PB056355-2600.jpg

◆コスモスの花が咲いていました。
 とてもきれいです。




PB056343-2610.jpg

◆コスモスと開聞岳とのコラボ
 よいアングルがみつかりませんでした。写真の出来はいまひとつです。



PB056382-2680.jpg

◆開聞駅付近にもきれいな花畑があります。
 しばらく見ていきます。



PB056363-2670.jpg

◆花畑のソバの花のアップ




PB056415-2690.jpg

◆花畑の直ぐ近くに開聞駅があります。
 開聞駅で開聞岳登山は終了です。
 指宿温泉に行くために指宿方面行きの列車を待ちます。




◆開聞岳





◆開聞駅、かいもん山麓ふれあい公園付近

2016年11月4日、鹿児島県の桜島へ [ハイキング]

2016年11月4日、鹿児島県の桜島の湯之平展望所に行きました。
湯之平展望所は、桜島で一般の人の立ち入り可能な最高地点で、標高373mです。

予定のコースは桜島港~桜州小学校前~湯之平展望所の往復、
帰りに「桜島マグマ温泉」で汗を流す、でした。「マグマ」という名前に惹かれました^^;

実績コースは↓です。
 桜島フェリーで桜島港→時計回りで→湯之平展望所→桜島港
 湯之平展望所への往復から周回コースに変更したために、
 「桜島マグマ温泉」に立ち寄る時間が無くなりました><

この日は天気がよく、終日、御岳を見ることができました。

その様子です。

IMG_3369-150.jpg

◆鹿児島市の城山の展望台から見る鹿児島市街と桜島
 この後、徒歩で鹿児島港に移動します。



IMG_3449-160.jpg

◆桜島フェリー乗り場
 フェリーで桜島に渡ります。



PB044136-906a.jpg

◆フェリーで移動中



PB044181-200.jpg

◆桜島港に到着



PB044204-250.jpg

◆12時35分頃に桜島港を出発。
 湯之平展望所に桜州小学校前を経由で移動します。 
 「山に登る」感覚なので湯之平展望所まで徒歩です。



PB044214-260.jpg

◆小池展望公園から見る御岳(北岳)、中岳



PB044283-300.jpg

◆湯之平展望所まで2.3kmです。
 車道歩きなのであまり楽しくないです^^;



PB044301-310.jpg

◆標高が高くなると、海が見えます^^
 歩くのが楽しくなります^^


PB044390-400.jpg

◆分岐点を通過。



PB044418-901a.jpg

◆湯之平展望所に14時10分頃に到着。



PB044572-680.jpg

◆湯之平展望所から見る御岳(北岳)、中岳、南岳です。
 南岳のピークが見えているかは不明です。



PB044579-681.jpg

◆北側のアップ



PB044584-685.jpg

◆中央部アップ



PB044587-690.jpg

◆南側のアップ



PB044619-700.jpg

◆展望所の建物から見る鹿児島市街方面



PB044573-900a.jpg

◆売店で甘いもの複数購入。
 晴天の中を歩いてきたので、↑は直ぐに食べました^^ 
 


PB044439-610.jpg

◆14時50分頃、湯之平展望所を後にします。
 15時にバスがありましたが、「登山」ということで、徒歩で移動することにしました。
 桜島港には来たコースで戻るのが距離的には近いですが、一度歩いているのでワクワク感がありません。
 距離は約1.5倍になりますが(約10.7km)、周回コースに変更して桜島港に戻ることにしました。



PB044721-710.jpg

◆15時頃に見た景色



PB044900-715.jpg

◆15時20分頃に振り返って見た景色



PB044958-720.jpg

◆15時30分頃に振り返って見た景色



PB045001-730.jpg

◆15時40分頃に振り返って見た景色



PB045048-730.jpg

◆海が見えてきました^^
 



PB045079-740.jpg

◆16時10分頃に赤水湯之平口バス停を通過。



PB045085-750.jpg

◆16時15分に湯之平展望所から7km地点を通過



PB045090-755.jpg

◆車道を歩きます。


PB045093-770.jpg

◆分岐点がありました。
 日没が近づいているので、近道と思われる右側の道を歩くことにしました。


PB045135-780.jpg

◆山の斜面に日が当たっています。
 日没の時刻が近づいています。
 今回は、荷物を軽量化するためにライトは駅のコインロッカーの中にあります(>_<)
 暗くなる前の17時までに桜島港までに戻る必要があります。
 国道から分岐した道は何のための道かよく分からず、
 結局、途中から国道に戻ることにしました。




PB045201-800.jpg

◆国道224号線沿いの退避壕




PB045220-790.jpg

◆桜島港を目指して歩きます
 一直線がいい感じです(最短距離です ^^;)。



PB045239-950a.jpg

◆この日は指宿市内まで移動予定のため、時間に余裕が無く、温泉に立ち寄ることができません(>_<)



PB045245-955a.jpg

◆夕日に照らされる山



PB045254-797.jpg

◆フェリー乗場。ここは自動車のみ通行可能。
 歩行者は別の場所からフェリー乗り場に移動します^^;



PB045282-800.jpg

◆フェリーから見る夕日
 フェリーに17時頃に乗船。



PB045394-825.jpg

◆船から見る桜島



PB045327-980a.jpg

◆鹿児島湾の夕日




PB045410-840.jpg

◆鹿児島港に沈む夕日
 この後、夕食を食べて、鹿児島中央駅まで移動。
 その後、この日の最終目的地である指宿市まで指宿枕崎線で移動します。



IMG_3499-902a.jpg

◆この日の最終目的地の指宿市に20時前に到着。
 翌日は、開聞岳登山。温泉に入って、早く就寝します。





◆湯之平展望所





◆城山の展望台

2016年10月30日、福井県大野市の紅葉の刈込池へ [ハイキング]

2016年10月30日、福井県大野市の刈込池に行きました。

「関西で見る絶景紅葉」(株式会社京阪神エルマガジン社)の表紙に
紅葉の刈込池が紹介されていました。

池に写る紅葉がとてもきれいだったので、刈込池の紅葉を見ることにしました。
そして、紅葉が見頃の10月30日に刈込池に行きました。

出発が遅くなり、刈込池付近に6時30分頃に到着。
駐車場は既に満車でした。
交通整理の方の指示に従い道路の山側に駐車します。
予想以上の自動車の多さでした。

準備をして7時前に刈込池に向かって出発しました。
そのときの様子です。



DSC_0002-105.jpg

◆出発地点付近から見る三ノ峰



DSC_0009-100.jpg

◆駐車場は満車。交通整理の方の指示に従い道路の山側に駐車します。


DSC_0017-10a.jpg

◆駐車場が満車の場合の駐車方法


DSC_0046-105.jpg

◆分岐点を7時5分頃通過。石段コースで刈込池を目指します。
 石段コース→刈込池→岩場コース→分岐点で周回しました。


DSC_0119-120.jpg

◆石段コースの様子

DSC_0141-150.jpg

◆石段が終わると、落ち葉の道でした。



DSC_0161-250.jpg

◆ブナ林の中を進みます。


DSC_0200-290.jpg

◆刈込池に7時45分頃到着。
 池の周囲の木はいい感じで紅葉しています。


DSC_0205-210.jpg

◆刈込池と三ノ峰
 三ノ峰の展望の良い場所にはたくさんの方がいます。
 展望の良い場所に空きスペースができるまで待つことに。^^;



DSC_0229-300.jpg

◆刈込池と三ノ峰
 刈込池に比べると三ノ峰はとても明るく、
 三ノ峰と刈込池の両方をちょうどよい明るさで撮影はできませんでした。


PA302721-450.jpg

◆刈込池に写る紅葉と三ノ峰



PA302743-440.jpg

◆三ノ峰のアップ


PA302746-400.jpg

◆刈込池の周囲の木の紅葉
 展望の良い場所に空きスペースができそうでない^^;
 また、刈込池を周回するコースもないので、刈込池を出発することにしました。
 


PA302792-450.jpg

◆刈込池の伝説


PA302834-460.jpg

◆朝日を浴びる紅葉の木々



PA302851-480.jpg

◆人が多くいる付近が三ノ峰の展望のよい場所付近です。
 この付近から刈込池から離れます。


PA302887-500.jpg

◆ブナ林の中を歩きます。


PA302908-515.jpg

◆紅葉のブナ


PA302942-530.jpg

◆木々の間から見る紅葉の三ノ峰の斜面


PA302977-560.jpg

◆積雪に耐えてきた木
 この斜面の下側に打波川です。
 この川にかかる橋を渡ると車道歩きになります。


PA303271-600.jpg

◆道路から見る、日光を浴びる紅葉


PA303313-610.jpg

◆斜面の端の紅葉



PA303320-640.jpg

◆分岐点を9時15分通過。
 約2時間10分で刈込池を周回しました。


PA303341-660.jpg

◆駐車場近くにある大きな栗の木


PA303364-680.jpg

◆駐車場に9時25分頃到着



PA303379-650.jpg

◆駐車場から三ノ峰が見えました。



PA303397-700.jpg
 
◆駐車場付近の少し高い場所から見る三ノ峰
 歩いて、駐車場所まで戻ります。



PA303434-800.jpg

◆駐車場所付近から見る三ノ峰
 

PA303453-715.jpg

◆駐車場所付近から見る打波川の対岸の山、いい感じて紅葉しています。
 この後、自動車で大野市街に移動しました。



PA303538-725.jpg

◆県道173号線の緑色の橋と紅葉の山
 橋の近くの空きスペースに駐車して、橋まで歩きます。



PA303560-720.jpg

◆橋から見る紅葉の斜面と三ノ峰

 この場所から鳩ヶ湯温泉付近まで何人もの方が歩いていました。
 おそらく、鳩ヶ湯温泉のバス停から歩いてきた方々だと思われます。

 刈込池の駐車場が混雑することが予想されたので
 鳩ヶ湯温泉のバス停から徒歩で刈込池に行く方法を検討しました。
 鳩ヶ湯温泉から刈込池まで往復すると、かなりの距離を歩く必要があり、
 自動車で行くことにしました^^; 



PA303579-745.jpg

◆端から見る三ノ峰のアップ
 この後、移動します。

PA303626-755.jpg

◆三吉橋の近くの空きスペースに駐車して、橋まで歩きます。
 


PA303635-765.jpg

◆三吉橋から見る三ノ峰
 奥側の山(左端)は別山?
 おそらくこの付近が三ノ峰が見られる最後の場所です。
 この後、所用を済ましながら、また寄り道をしながら帰ります。

 三ノ峰、三ノ峰の登山の記録↓を見てください。
 
 2015年8月1日、石川県の別山へ 別山から三ノ峰まで
 http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2015-08-18

 2015年6月13日、岐阜県の銚子ヶ峰、一ノ峰、二ノ峰へ
 http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2015-06-25


PA303661-780.jpg

◆寄り道その1 県道173号線白山神社のカツラ、根回り15m、樹高約29m


PA303677-10001a.jpg

◆カツラのアップ


PA303733-790.jpg

◆寄り道その2 大野城
 大野城からは大野市街を一望できます。


PA303825-1010a.jpg

◆大野城から見る経ヶ岳(右側)
 白山(中央奥)も見えています。



PA303789-805.jpg

◆大野城から見る荒島岳
 大野市付近はここ数年で何回か来ています。
 その時の様子↓を見てください。

 荒島岳の登山記録、荒島岳から見る大野市↓
 2014年2月22日、福井県の荒島岳(1523.5m)へ
 http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2014-02-25

 上空から見る荒島岳から見る大野市↓
 http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2016-02-11

 2015年9月下旬の大野市の様子↓
 http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2015-10-03

 
 飯降山から見る大野市↓
 http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2015-06-17
 


 2016年4月下旬に大野城から見た芝桜↓
P4302562-201604a.jpg
 


 
 この後、寄り道をしながら帰りました。


PA303938-1003.jpg

◆寄り道その3 一乗滝 (福井市浄教寺町)
 剣豪佐々木小次郎が「燕返し」をあみだしたところと伝えられています。



PA303950-1100a.jpg

◆一乗滝



PA303936-1005.jpg

◆一乗滝の説明



PA303929-1002.jpg

◆剣豪佐々木小次郎の像
 この後、鯖江市上河内町のラポーゼかわだで、温泉に入り帰りました。





◆刈込池






◆大野城




◆一乗滝