So-net無料ブログ作成

2016年8月の登山まとめ(毛勝山、綱附森) [まとめ]

2016年8月の登山のまとめです。
8月14日に富山県の毛勝山に、8月20日は高知県の綱附森に登りました。


DSC_0622-999.jpg

◆毛勝山に登る途中で見た毛勝山の景色


P8201339-999a.jpg

◆1421m地点付近から見る綱附森


毛勝山登山について
 7月下旬に毛勝山の登山口まで行きましたが、到着時刻が遅く、登山を断念しました。
 今回は再挑戦です。
 西北尾根の登山口を4時頃出発し、山頂に12時35分頃到着、登山口に20時10分頃到着。
 コースタイム11時間に対して16時間かかりました(-_-;) 
 遅くともコースタイム+4時間と考えていましたが、それよりも更に遅い結果となりました。
 当日は暑かったですが、それにしても時間がかかりました(>_<)
 また、山頂に到着する時刻が遅くなり、
 山頂はガスに覆われ、剱、後立山の山を見ることができす。
 

綱附森(1643m)登山について
 矢筈峠の登山口 10時55分
 山頂      13時45分
 矢筈峠の登山口 16時25分

コースタイム4時間30分+1時間でした。
毛勝山登山で想定以上に時間がかかったので
2000mを超える山に登るのはやめて、
コースタイムの比較的短い山に登ることにしました^^;
行き先は高知県の綱附森です。久しぶりの四国の山の登山です。
前回の四国の登山は2009年10月の 土佐矢筈山でした↓
 2009年10月24日 高知県の土佐矢筈山へ。
 http://kotukotuyama2.blog.so-net.ne.jp/2009-10-25

今回は土佐矢筈山の近くの綱附森に登ることにしました。



◆ここからは8月14日、富山県の毛勝山の登山記録です。

DSC_0007-10.jpg

◆毛勝山の登山口、4時頃。
 暗いです。ライトを点灯しますが、数mの範囲の様子しか分かりません。
 4時30分頃には周囲の山並みがわかるくらい明るくなりました。
 登りはじめは急な坂道で汗をかきながら登りました。


DSC_0015-15.jpg

◆5時過ぎの僧ヶ岳方向の様子です。



DSC_0027-20.jpg

◆5時20分頃、大きな杉があります。


DSC_0061-30.jpg

◆6時過ぎの駒ヶ岳方面の様子



DSC_0091-40.jpg

◆6時30分頃、西側の隣の尾根の雪渓



DSC_0105-40.jpg

◆6時30分頃、駒ヶ岳方面の様子、山頂付近は雲に覆われたままです。



DSC_0135-50.jpg

◆登山道、登ります。


DSC_0166-60.jpg

◆登山道付近に三角点がありました。7時頃に到着。
 登山口の出発から3時間経過しています。



DSC_0177-70.jpg

◆日差し、7時頃



DSC_0184-80.jpg

◆進行方向の峰、ガスに覆われ始めています^^;
 左側の峰から右側の峰を登ります。



DSC_0236-91.jpg

◆麓の方向、登った高さを確認します。
 


DSC_0248-88.jpg

◆登ります。



DSC_0260-90.jpg

◆笹が刈られています。感謝です。



DSC_0287-100.jpg

◆青空と蜂の仲間、7時50分頃。
 なぜか、ピントを合わせる付近で蜂が飛びます。



DSC_0291-102.jpg

◆上記の場所、西側の峰
 進みます。



DSC_0334-110.jpg

◆ブナの木



DSC_0345-120.jpg

◆進行方向の峰峰、8時10分頃。
 まだまだ峰が続きます。 この頃には既に3組の方が先に行かれました。



DSC_0390-140.jpg

◆振り返って見る登ってきた尾根
 登った高さを確認します。

 

DSC_0416-145.jpg

◆駒ヶ岳、山頂付近には雲があります、残念。
 進みます。



DSC_0480-185.jpg

◆振り返って見る登ってきた尾根
 振り返る回数が多いです。



DSC_0500-200.jpg

◆駒ヶ岳、山頂付近には雲が無くなり、山頂付近が見られました。
 7月23日に見られなかった駒ヶ岳↓の山頂を見ることができました。
  2016年7月のまとめ、富山県の大日岳、浄土山、僧ヶ岳、駒ヶ岳
  http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2016-07-30



DSC_0514-220.jpg

◆9時10分頃、進みます。5時間経。
 この付近では、登りの厳しさと暑さなどで疲れを感じていました^^;
 


DSC_0542-250.jpg

◆モモアセ池、9時35分頃到着。出発から5時間30分経過。
 少し、休憩します。地図を見て現在地を確認します。
 思いの外、登山口から進んでいないこと気づきました。
 山頂に到着できる? 不安がよぎりますが、山頂を目指して進みます。
 


DSC_0556-1000-a.jpg

◆「この先の景色を見たい」と思う気持ちが登る意欲を維持してくれます^^
 


DSC_0568-300.jpg

◆モモアセ池の横の斜面を登りきった場所から見る進行方向、
 山頂はどこか分かりませんが、この場所からまだ遠いことだけは確かです(-_-;)



DSC_0579-310.jpg

◆進みます。



DSC_0594-321.jpg

◆一旦下って、登りになる場所です。10時過ぎ。6時間経過。
 ここで考えます。進むべきか、引き返すべきか。
 2時間進んで(12時まで)、そこで撤退すべきかを考えることにしました。



DSC_0616-330.jpg

◆進みます。



DSC_0622-341.jpg

◆山頂付近まで、まだまだ登る必要があります(-_-;)



DSC_0624-350.jpg

◆クワガタ池、11時10分頃通過。通過後に撮影。



DSC_0631-360.jpg

◆進みます。
 天気が微妙です。ガスに覆われたり晴れたり。
 目論は午前中に山頂に到着し周囲の山並みを楽しむ、でしたが、
 山頂はガスに覆われている可能性が高い状況です(>_<)



DSC_0646-380.jpg

◆青空が広がります。見えているピークは山頂ではなく、その奥にピークがあると思われます。
 山頂から見る展望を糧に登り続けます。歩けば山頂に近づきます^^;
 この付近あたりから、下山して来た方々と会いました(再会)。
 


DSC_0651-390.jpg

◆最後の登りと信じて、進みます。
 下山中の方から、山頂が近いことを教えていただきました^^



DSC_0655-395.jpg

◆ここが山頂直下?



DSC_0656-396.jpg

◆そして、山頂付近に到着しました。



DSC_0668-399.jpg

◆毛勝山の山頂に12時35分に到着しました。出発から8時間35分経過しています。
 山頂にはだれもいません。 休憩しながら周囲の景色を見ます。
 毛勝三山はここ数年、あちらこちらから見ていました↓

   2014年3月15日、富山県の大品山へ
   http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2014-03-18
 
   2015年9月21日、富山県の大猫山を目指して
   http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2015-09-28

   大日岳付近から見た毛勝三山は↓を見てください。
   http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2016-07-30
  
 しかし、雲で周囲が山並みを見ることができません^^; 残念な結果となりました。 
 



DSC_0690-800.jpg

◆山頂から見る大日岳方面、雲で見られず。

 

DSC_0700-802.jpg

◆上記から左側方面、剱岳方面? 雲で見られず。
 毛勝三山の残り2つの山(釜谷山、猫又山)もガスで見られず。
 山頂からの展望を楽しみに登ってきただけに、がっかりです。
 山頂に到着できたのは嬉しいですが、
 展望がほぼ無い状況では苦労が報われない、と思いながら休憩していました。
 しばらくすると、周囲のガスがなくなり、毛勝三山の他の山が見え始めました^^


DSC_0708-803.jpg

◆毛勝三山の他の山に続く稜線



DSC_0740-810.jpg

◆アップ。多分、釜谷山です。
 他の場所から見た釜谷山は↓を見てください。
   2015年9月21日、富山県の大猫山を目指して
   http://kotukotuyama4.blog.so-net.ne.jp/2015-09-28


DSC_0749-875.jpg

◆上空には青空!!
 ここから、ガスなが無くなり周囲の景色が見え始める? 
 と期待しましたが。


DSC_0757-811.jpg

◆ガスが再び発生し、周囲の山がガスの中に消えていきます。


DSC_0783-830.jpg

◆12時50分頃、下山開始です。
 19時まではライトを点灯しなくても歩けるとして、
 下山時間は約6時間あります。が、登りの実績からすると、一抹の不安があります。


DSC_0792-840.jpg

◆下山開始して少しすると青空が広がりました。
 山頂まで戻ろうかと思いましたが、下山時間が減少するので、
 我慢して下山を継続します。


DSC_0832-860.jpg

◆進行方向、晴れていれば素晴らしい景色だと思います。


DSC_0848-861.jpg

◆登山道、石があり注意して下山する必要があり、スピードアップできず。



DSC_0882-871.jpg

◆クワガタ池を14時頃通過。



DSC_0897-880.jpg

◆モモアセ池
 コースタイムより大幅に遅れてモモアセ池に到着、15時頃到着。
 休憩しながら下山時間を確認。
 このままでは日没までに下山できない可能性が高いので、
 この先はカメラをザックの中に入れ、歩くことを最優先します。
 コースタイムで歩けば2時間50分後の18時頃に到着。
 しかし、実績からすると1時間は余分にかかると考えて
 19時に登山口到着することを目標に下山を再開しました。

 モモアセ池から登山口の写真はありませんm(__)m 
 途中から雨が降り始めましたが、下山途中で止みました。


DSC_0898-890.jpg

◆登山口、20時10分頃到着
 登山口までの標高差が約200m地点でライトの点灯が必要な状況になりました。(19時過ぎ)
 約1時間ほどライトを点灯して歩きました。
 急な坂道、また、標高が低いので、歩いていると暑くて汗がどんどん出てきました。
 帽子をとり、日射対策の長袖のシャツを脱ぎ、涼しい服装で下山を再開。
 20時過ぎに何とか登山口に到着しました。ほっとしました。

 日の出前から日没後まで歩いても、
 登山口と山頂間を往復することができませんでした(>_<)
 反省点の多い登山になりました。


◆◆◆ ここからは8月20日の綱附森の記録です。 ◆◆◆

 
 2000mを超える標高の高い山に登り、毛勝山と同じ状況になると、よろしくないので
 2000m以下の山に登ることにしました。

 久しぶりの四国の山です。
 前回、四国の山に登ったのは矢筈山でした。↓
  2009年10月24日 高知県の土佐矢筈山へ。
  http://kotukotuyama2.blog.so-net.ne.jp/2009-10-25


DSC_0010-100.jpg

◆登山口のある矢筈峠


DSC_0014-1a.jpg

◆この付近の山の案内図



DSC_0032-10.jpg

◆駐車場から奥に向かって進みます。


DSC_0048-10.jpg

◆綱附森の登山口、10時55分頃通過
 

DSC_0062-15.jpg

◆登山口からしばらく樹林帯の中を歩きます。


DSC_0079-20.jpg

◆苔むした箇所があちらこちらにあります。


DSC_0097-40.jpg

◆標高が高くなると、後方に矢筈山(1606m)が見えます。
 山頂付近の笹原が印象的です。

 矢筈山の登山記録は↓を見てください。
  2009年10月24日 高知県の土佐矢筈山へ。
  http://kotukotuyama2.blog.so-net.ne.jp/2009-10-25


DSC_0152-50.jpg

◆さらに標高が高くなると、天狗塚から続く「牛ノ背」が見られました。
 この景色を見ることが目的の一つです。
  
 天狗塚の登山記録は↓を見てください。
  6月13日、徳島の天狗塚へ(その1 登山口まで)
  http://kotukotuyama.blog.so-net.ne.jp/2009-06-17
 


DSC_0198-60.jpg

◆所々にひらけた場所があります。


 
DSC_0225-70.jpg

◆山頂らしき場所が見えてきました。
 しかし、山頂ではなく、1421m地点でした。



DSC_0233-75.jpg

◆遠くに、いい感じの山がありました。



DSC_0251-79.jpg

◆この山が山頂?と思いましたが、よく見ると矢筈山です。


 
DSC_0258-78.jpg

◆天狗塚(中央付近のピーク)と牛ノ背(右側の平らな部分)が見えています。


DSC_0256-80.jpg

◆周囲の山の状況からすると、遠くにあるこの山が綱附森です^^;
 進みます。


DSC_0303-90.jpg

◆下っていきます。


DSC_0496-91.jpg

◆進みます。



DSC_0600-97.jpg

◆笹原の中を進みます。


DSC_0641-98.jpg

◆疲れたので少し休憩します。
 振り返って見る登ってきた稜線。



DSC_0656-99.jpg

◆山頂直下
 登山道が笹に覆われて足元が確認できません^^;



DSC_0668-100.jpg

◆山頂に13時45分頃到着^^  山頂にはだれもいません。
 コースタイムは2時間30分、実績は2時間50分、概ねコースタイムと同じです^^
 周囲の景色を見ながら休憩します。
 


DSC_0669-150a.jpg

◆北側の天狗塚~牛ノ背



DSC_0686-mn.jpg

◆三嶺(右端)方面



DSC_0690-110-m-r1.jpg

◆三嶺から南に続く稜線


DSC_0694-115-srg.jpg

◆上記の南側付近、白髪山


DSC_0672-105-ushi.jpg

◆西側、牛ノ背(右端)の南側



DSC_0674-106-yahazu.jpg

◆上の場所の南側、矢筈山付近


DSC_0678-108-y-lft.jpg

◆矢筈山の南側、川が見えています。
 14時頃、下山開始です。



P8200982-900.jpg

◆笹原の中を歩いて行きます。



P8200999-905.jpg

◆横を見ると三嶺が見えます。


P8201007-915.jpg

◆三嶺アップ(右端の山)
 


P8201021-920.jpg

◆進みます。


P8201055-930.jpg

◆振り返って見る綱附森



P8201109-930.jpg

◆進みます。



P8201134-935.jpg

◆綱附森の山頂付近には灰色の雲が広がっています。
 雷雨が心配な天気です。




P8201152-940.jpg

◆牛ノ背の向こう側には入道雲が発生しています。



P8201248-950.jpg

◆開けた場所を通過します。



P8201245-965.jpg

◆開けた場所付近のコケとシダの仲間
 進みます。



P8201278-965.jpg

◆1421m地点付近から見る綱附森




P8201308-983.jpg

◆1421m地点付近から見る牛ノ背、天狗塚方面


P8201328-971.jpg

◆1421m地点から下っていきます。
 ここからは樹林帯の中を歩きます。


P8201379-988.jpg

◆樹林帯の中を歩きます。



P8201415-990.jpg

◆登山口に16時25分頃到着。
 下山のコースタイムは2時間、実績は2時間25分で概ねコースタイムと同じです^^
 登山口付近の広場では多数の方がキャンプの準備をされていました。

 駐車場に16時40分頃に到着、着替えて温泉に行きます。
 行き先は香美市のべふ峡温泉です。

 今回の登山では、綱附森の山頂から周囲の山並みを見ることができました。
 また、概ねコースタイムと同じ時間で歩くことができました^^

 9月は秋山に登る予定です。



◆毛勝山




◆綱附森