So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年3月19日、徳島県の烏帽子山(1540.6m)へ 深淵~落合峠 [登山]

四国の山の続きです。
2017年3月19日、徳島県の烏帽子山に登りました。

この日の予定の山は3月4日に登ることができなかった矢筈山です。
今回はルートを変えて落合峠から登ることにしました。

登山口の落合峠への到着が遅くなり矢筈山登山は中止し、
落合峠に登山口のある烏帽子山を経由して帰ることにしました。

烏帽子山の下側の登山口には真っ暗になる前に到着できましたが、
この日の出発地点の深淵への移動途中でライトを点灯、19時40分頃に深淵に到着。
反省点の多い登山となりました。

今回は出発地の深淵から落合峠付近までの様子についてです。

DSC_0003-10.jpg

◆この日の出発地点の深淵、8時20分頃出発。
 ここから落合峠まで歩きます。
 落合峠に続く県道44号三加茂東祖谷山線は、
 この先で積雪・凍結により3月31日まで通行止めです。


DSC_0007-20.jpg

◆深淵にあるこの付近の山の案内図


DSC_0011-30.jpg

◆車道を歩きます


DSC_0045-45.jpg

◆県道44号はここから通行止めです。


DSC_0055-50.jpg

◆斜面のあちらこちらにつららがありました。
 進みます。

DSC_0061-60.jpg

◆ヤマガラ
 朝はあちらこちらから鳥の鳴き声が聞こえます。
 朝は野鳥に遭遇する可能性が高いと思います。

DSC_0115-60.jpg

◆アトリ。群れで道路にいました。
 鳥を探しながら道路を歩きます。


DSC_0132-70.jpg

◆コゲラ


DSC_0134-80.jpg

◆アトリ


DSC_0172-90.jpg

◆ホオジロ


DSC_0202-100.jpg

◆烏帽子山の登山口、9時55分頃通過。
 ここから烏帽子山の山頂を通らずに落合峠の近くまで続く登山道があります。
 この登山道の方が車道よりも短い距離で落合峠付近に到達することができます。
 しかし、登山道の積雪の状況が分からないので、
 時間がかかっても落合峠に到着できる可能性が高い車道で落合峠に移動します。


DSC_0210-105.jpg

◆烏帽子山の登山口を過ぎると、車道の積雪が急に増えました。
 進みます。


DSC_0227-120.jpg

◆振り返って見る山。積雪が多そうです。


DSC_0212-110.jpg

◆石堂山の登山口を10時5分頃通過。


DSC_0283-150.jpg

◆車道を横断するカモシカを見ました^^


DSC_0301-160.jpg

◆バーコードのような模様の道路、11時15分頃。
 深淵から3時間ほどで落合峠に到着できると考えていましたが、
 GPSで現在地を確認すると、落合峠までかなりの距離があります^^;


DSC_0313-180.jpg

◆糞がありました。


DSC_0314-170.jpg

◆日当たりの良い場所は雪が少ないです。
 進みます。


DSC_0320-195.jpg

◆烏帽子山
 歩いている時は、この山の名前を知りませんでした^^;
 進みます。


DSC_0375-205.jpg

◆道路は雪が多いです^^;


DSC_0453-215.jpg

◆同上。足が沈み、歩くのがかなり遅いです(-_-;)


DSC_0521-250.jpg

◆落合峠に近づきました^^


DSC_0602-360.jpg

◆落合峠!!


DSC_0614-380.jpg

◆落合峠、13時5分頃到着。出発地点の深淵から落合峠まで約5時間かかりました^^;
 ここはとても展望の良い場所です。



DSC_0615-400.jpg

◆落合峠から見る矢筈山方面
 矢筈山は左側奥のピークです。


DSC_0723-400c.jpg

◆矢筈山の登山口
 ここから矢筈山までは無積雪期の往復で約3時間20分かかります。
 積雪と落合峠から帰る時間を考慮すると、
 13時過ぎから矢筈山に行くことはできません(-_-;)


DSC_0677-400b.jpg

◆三嶺山から天狗塚の山並み(一番後ろの山並み)、良い天気ですが霞んでいます^^;


DSC_0749-401d.jpg

◆烏帽子山に続く稜線
 時刻は13時20分、この後どうするか考えます。
 矢筈山に行かないのであれば、歩いてきた車道を戻ることになります。
 落合峠に来て帰るだけでは達成感がありません。

 登山ガイドブックで落合峠に登山口のある烏帽子山の登山時間を確認。
 落合峠から烏帽子山山頂を経由して下側の登山口に
 約5時間後の18時過ぎに到着できます。
 
 登山口からは歩いてきた車道を戻るだけなので、
 ライトを点灯して日没後も歩くことができます。
 
 どうするか考えます。
 
 道路を歩いて帰っても、出発地点に到着するのは17時を過ぎるので、
 烏帽子山経由で帰ることにしました。


DSC_0868-1100.jpg

◆振り返って見る落合峠
 1つ目のピークまでは雪山歩きを楽しむことができました。
 それから先は、日没までに登山口に到着するために、ひたすら歩き続けました(-_-;)
 
 次回に続きます。




◆烏帽子山と矢筈山




◆落合峠
nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 4

Cazz

まだまだ雪が深いのですね。
四国自体、上陸したことがまだないので
興味深く拝見しています。
雪だからこそでしか見れない景色、すごく貴重です。
(バーコードとか、面白いです!)
by Cazz (2017-04-09 09:00) 

tochimochi

雪があるところは時間が読みにくいですね。
アプローチで時間を取られるとさらに焦ってきたことでしょう。
相変わらず小鳥の撮影がうまいですね。
日没後の行動は避けたいです。
頑張って歩いてください。

by tochimochi (2017-04-09 11:34) 

nikkin

この糞は、鹿の糞としては細長いですね。
カモシカの糞なのでしょうか。だとすれば私には初お目見えですね。
by nikkin (2017-04-12 17:45) 

joyclimb

水郷楽人 さん、niceありがとうございます。

ホビホビ さん、niceありがとうございます。

tokumichi さん、niceありがとうございます。
登山口まで5時間かかったのは、想定外でした(-_-;)
朝は野鳥に遭遇するチャンスが多いので、撮影のチャンスが多く、
何枚かはピントが合っている写真があります^^
計画時は日没後の移動予定はないですが、
実行すると、日没後に歩いていることがあります(-_-;)
この日は日没との競走でした。

ken さん、niceありがとうございます。

tochimochi さん、niceありがとうございます。

@ミック さん、niceありがとうございます。

鉄腕原子 さん、niceありがとうございます。

Cazz さん、niceありがとうございます。
 峠付近の道路はとても積雪が多かったです。
 木の陰と雪のコントラストがとても印象的でした^^

nikkin さん、コメントありがとうございます。
 カモシカは糞を一ヶ所にまとめてするそうです。
 この糞の落とし主はカモシカの可能性があります。
 カモシカの糞と特定できる糞を未だ見たことがないので、
 写真の糞がカモシカのものであると、断言できません。
by joyclimb (2017-04-12 23:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: