So-net無料ブログ作成

2016年7月のまとめ、富山県の大日岳、浄土山、僧ヶ岳、駒ヶ岳 [まとめ]

2016年7月は富山県の山に登りました。
 7月18日、大日岳、奥大日岳
 7月19日、浄土山
 7月23日、僧ヶ岳、駒ヶ岳


◆7月18日、大日岳、奥大日岳
 ・コース
  称名滝の駐車場→大日岳登山口→大日平山荘→大日岳
  大日岳→奥大日岳→新室堂乗越→雷鳥平→雷鳥荘(泊)

 ・まとめ
  計画は称名滝の駐車場を4時に出発し、室堂ターミナルに14時頃に到着し、
  バスで弘法に移動し八郎坂を経由して称名滝の駐車場に戻るものでした。
  しかし、暑さのためか、上りで大幅にペースダウンし、奥大日岳に14時35分着、
  雷鳥平に17時35分着となり、雷鳥荘に宿泊しました^^;
  この日は晴れの割合が多く、展望を楽しむことができました^^


◆7月19日、浄土山
 ・コース
  雷鳥荘→室堂山展望台→浄土山→一ノ越→室堂ターミナル
  →バスで弘法に移動、八郎坂→称名滝→称名滝の駐車場

 ・まとめ
  前日に2日間ぶん歩いたと思い、室堂からすぐに下山しようと思いましたが、
  とても天気がよかったので、結局、浄土山に登りました。
  浄土山に登ったので、この後はバスを乗り継いで称名滝の駐車場に移動しようと考えましたが
  当初予定の周回コースで戻ることにしました。

  14時台のバスで弘法に移動し、八郎坂経由で称名滝に行き、滝を見学。
  その後、称名滝の駐車場に戻りました。
  八郎坂は滑りやすい箇所が多いです。小さな転倒を含めて3回ほど転びました^^;


◆7月23日、僧ヶ岳、駒ヶ岳
 ・コース
  東又コース
   登山口→伊折山→成谷山→僧ヶ岳(1855m)→駒ヶ岳(2003m)の往復

 ・まとめ
  7月18日に雲海に浮かぶ毛勝三山を見て、毛勝山に登りたいと思いました。
  この日は毛勝山に登る予定でしたが、登山口付近の駐車スペースへの到着が遅くなり(6時過ぎ)、
  7時前に出発しても早くて17時頃の下山となるため、毛勝山の登山はあきらめて、
  目の前の僧ヶ岳の登山に変更しました。
  登山口→伊折山は急な坂道でした。
  僧ヶ岳山頂に11時頃に到着したので、駒ヶ岳に行くことにしました。
  駒ヶ岳山頂からは期待していた北アルプスの山並みをみることができませんでした^^;
  僧ヶ岳の登山口に19時に到着しました^^;


★★★ ここからは 7月18日、大日岳、奥大日岳の詳細です。 ★★★

DSC_0030-10.jpg

◆登山口、4時35分頃通過。
 称名滝の駐車場に通じる道路は夜間通行止めのため、
 前日の夕方に駐車場に移動しました。


DSC_0452-20.jpg

◆大日平、よい天気です。
 写っているのは大日岳のある稜線です。


DSC_0750-40.jpg

◆大日岳の斜面から見る大日平、薬師岳(左)と鍬崎山(右)


DSC_0872-41.jpg

◆雲海と薬師岳


DSC_0960-50.jpg

◆大日小屋の手前
 よい天気で、上り坂では減速しました^^;


DSC_0017-50.jpg

◆大日小屋付近から見る剱岳
 大日小屋付近からは剱岳方面の展望が開けます^^
 進みます。



DSC_0214-500a.jpg

◆雲海に浮かぶ毛勝三山と大猫山
 進みます。



DSC_0236-501a.jpg

◆剱岳、後方に北アルプスの山並み、白馬岳付近?



DSC_0304-60.jpg

◆大日岳山頂、11時頃到着。称名滝の駐車場から約7時間かかりました。
 少し休憩して、奥大日岳に向かって出発です。


DSC_0380-60.jpg

◆中大日岳付近から見る大日小屋と大日山の頂
 進みます。


DSC_0450-70.jpg

◆七福園付近から見る剱岳(左端)、奥大日岳(中央)


DSC_0460-70.jpg

◆七福園付近から見る立山、浄土山(右端)
 七福園付近で大きな段差を越えるときに右足が急に痛み出し、しばらく休憩しました。
 (段差が大きい箇所など、足に力を入れて登る時に足が痛くなることに気づきました^^;)
 12時15分頃、ストックを使用して歩き始めました。。
 七福園付近から室堂ターミナルまではのコースタイムは約5時間です。17時到着を目標に歩きます。


DSC_0512-80.jpg

◆奥大日岳に向かって進みます。


DSC_0615-90.jpg

◆同上、曇ったり晴れたりの天気になりました。


DSC_0675-100.jpg

◆奥大日岳山頂、14時35分到着。ガスで周囲の景色が見られません^^;
 室堂ターミナルに17時到着は無理なので、
 18時到着を目標に歩くことにします。(この区間のコースタイムは約3時間30分)


DSC_0825-120.jpg

◆雷鳥平まで近くないです^^;


DSC_0098-250.jpg

◆雷鳥平、17時40分頃到着。


DSC_0105-225.jpg

◆振り返って見る雷鳥平から続く階段。
 水分不足と足の疲れから足があがらず、この階段がこの日最後の難関でした(-_-;)
 雷鳥平から雷鳥荘まで50分かかりました(>_<)


DSC_0110-250.jpg

◆雷鳥荘付近18時30分頃に到着。
 坂道を上る体力がないので、雷鳥荘に行き、フロントで宿泊できるか確認しました。
 宿泊可能でしたので、ここに泊まりました^^
 夕食を食べて、すぐに寝て、夜中に温泉入り、再度、寝ました。 
 
 



◆大日岳、奥大日岳


★★★ 7月19日、浄土山の詳細です。 ★★★
7月18日は4時から18時過ぎまでの約14時間歩いたので、
朝食を食べながら、山に登らず室堂ターミナルから帰ろうと思っていましたが、
とてもよい天気だったので、室堂周辺を散策しました。

DSC_0122-300.jpg

◆雷鳥荘を8時過ぎに出発。


DSC_0134-301.jpg

◆雷鳥荘から見る雷鳥平、晴天です。
 室堂ターミナル方面に進みます。


DSC_0212-305.jpg

◆振り返って見る昨日歩いた大日岳(左)、奥大日岳(右)。
 進みます。


DSC_0293-320.jpg

◆ミドリガ池と立山
 立山の鏡像を期待しましたが水面が波立ち、鏡像は見られませんでした。


P7199013-400.jpg

◆室堂ターミナルと浄土山の分岐点
 浄土山に通じる道にたくさんの人がいたので、
 とりあえず浄土山方面に進むことにしました。


P7199036-600.jpg

◆ライチョウ
 数人の方が1カ所を見ていたので、それに参加。
 ライチョウがいました^^


P7199041-505.jpg

◆振り返って見る昨日歩いた大日岳(左)、奥大日岳(右)。
 浄土山方面に進むと標高が高くなり、
 周囲の山並みがよく見えます。


P7199152-900-a.jpg

◆振り返って見る昨日歩いた登山道とその奥にある毛勝3山
 進みます。



P7199177-625.jpg

◆雪渓に野鳥がいました。食事中でした。
 たぶん、イワヒバリ。もしくはカヤグリ。
 進みます。


P7199196-650.jpg

◆進むと、薬師岳(右奥)が見えます。


P7199348-790.jpg

◆更に進むと、展望台に到着。
 展望台からは白山~鍬崎山(この日は見えず)~薬師岳~黒部五郎岳~笠ヶ岳~槍ヶ岳が見られます。


P7199233-901-b.jpg

◆白山のアップ
 大部分が雲の中です。


P7199256-700.jpg

◆薬師岳(右奥)方面のアップ


P7199266-710.jpg

◆黒部五郎岳(右奥)のアップ


P7199270-755.jpg

◆笠ヶ岳(右奥)のアップ


P7199287-780.jpg

◆槍ヶ岳のアップ
 このあと、来た道を戻ります。


P7199359-800.jpg

◆登る予定ではありませんでしたが、
 展望台から見た風景とは違う風景がみられるのではと思い、登ることにしました^^


P7199363-810.jpg

◆楽に登ることはできないようです。


P7199400-850.jpg

◆登ります。



P7199413-860.jpg

◆山頂近辺から見る立山から剱岳までの稜線


P7199417-880.jpg

◆山頂近辺から見る剱岳のアップ
 昨日は見上げて見ていた剱岳が間近に感じます。


P7199428-885.jpg

◆山頂近辺から見る雄山


P7199440-890.jpg

◆山頂近辺から見る針ノ木岳?
 少し休憩します。その後、山頂を目指して出発します。
 山小屋らしき建物がある場所が山頂と思っていましたが、
 地図を見ると、そうではなさそうです。山頂を探しました。


P7199476-892.jpg

◆ここに居た方に教えてもらいました。
 ケルンがある場所が山頂でした。
 進みます。

 
P7199510-893.jpg

◆立山の展望
 進みます。


P7199532-895.jpg

◆この付近から一ノ越に向かって下山します。


P7199618-898.jpg

◆下山中に見た雄山


P7199818-891.jpg

◆一ノ越から見た雄山方面、一ノ越に12時10分頃到着。
 雄山に登らずに室堂ターミナルに向かって進みます。

P7190023-910.jpg

◆室堂ターミナル、13時頃到着。
 そばを食べて、スポーツドリンク2本を購入し
 13時40分発のパスに乗車します。

 
P7190024-915.jpg

◆弘法のバス停に14時過ぎに到着。
 ここから車道に沿ってある遊歩道を歩きます。


P7190077-920.jpg

◆八郎坂の登山口、14時25分頃通過。
 八郎坂は山の斜面にある九十九折のコースです。

P7190160-35.jpg

◆滑りやすい場所があります。


P7190212-930.jpg

◆称名滝を見られる場所が何箇所もあります。


P7190289-940.jpg

◆登山道にいたカモシカに遭遇


P7190379-950.jpg

◆八郎坂の下山完了、16時。
 称名滝に移動します。

P7190471-980.jpg

◆称名滝


P7190475-960.jpg

◆称名滝の説明


P7190506-975.jpg

◆称名滝のアップ


P7190524-975.jpg

◆称名橋から見る称名滝、太陽光があっています。


P7190535-990.jpg

◆称名滝で見た虹
 駐車場まで歩きます。


P7190550-997.jpg

◆大日岳の登山口にある地図


P7190575-998.jpg

◆駐車場付近の建物
 駐車場に16時50分頃に到着しました。約24時間遅れの到着でした^^;
 着替えて、温泉に行きます。


P7190582-990.jpg

◆この付近の案内図です。



◆浄土山





★★★ 7月23日、僧ヶ岳、駒ヶ岳の詳細です。 ★★★
  

DSC_0005-1000.jpg

◆僧ヶ岳の登山口、6時50分頃に登山開始です。


DSC_0192-1054.jpg

◆曇り空で、周囲が見えません。


DSC_0231-1056.jpg

◆ガスが多いです。


DSC_0275-1050.jpg

◆僧ヶ岳山頂に11時頃到着
 この後、駒ヶ岳に行くことにしました。
 僧ヶ岳と駒ヶ岳の往復のコースタイムは3時間です。
 山頂で少しだけ休憩して、駒ヶ岳向けて出発します。
 山頂から下りになっています^^;


DSC_0299-1060.jpg

◆シモツケ

DSC_0319-1063.jpg

◆黄色の花、アキノキリンソウ?

DSC_0326-1062.jpg

◆センジュガンピ、久しぶり見た花です。


DSC_0347-1070.jpg

◆進行方向、晴れの部分がありますが、晴れません。


DSC_0401-1080.jpg

◆ガスが多いです。



DSC_0410-1085.jpg

◆ハクサンタイゲキのような雰囲気の花、名前はわかりません


DSC_0445-1094.jpg

◆この峰に険しい箇所がありました。
 この峰の手前に到着した時は12時40分。
 コースタイムをオーパしています。
 僧ヶ岳を11時に出発して、駒ヶ岳を往復し、登山口まで戻ると18時になる予定でした。
 登山口への到着時刻が19時を過ぎると、登山口付近の急な登山道をライトで照らしながら
 下山する必要があり、少し焦っている状態でした。


DSC_0455-1088.jpg

◆ハクサンフウロ
 

DSC_0471-1089.jpg

◆???


DSC_0481-1093.jpg

◆クガイソウ


DSC_0512-1099.jpg

◆多分、山頂がある峰です。


DSC_0537-1050.jpg

◆駒ヶ岳の山頂、13時15分頃到着。
 僧ヶ岳から駒ヶ岳の山頂までの間に10人くらいの方と会いましたが、
 山頂には誰もいません^^;


DSC_0543-55.jpg

◆駒ヶ岳の山頂から見る景色
 周囲はガスに覆われて、遠くの景色が見られません。
 2000mを超えると、周囲の景色が見られるのではと、若干の期待があったのですが。 
 残念です。
 少し休憩して下山開始です。来た道を戻ります。
  


DSC_0572-1108.jpg

◆マツムシソウ


DSC_0583-1115.jpg

◆トリカブトの仲間


DSC_0595-1130.jpg

◆谷が見えました。



DSC_0596-1110.jpg

◆ガスに覆われる稜線
 下側からガスが斜面に沿って登ってきていました。


DSC_0702-1100.jpg

◆僧ヶ岳山頂に15時23分に到着。
 少し休憩して下山開始です。


DSC_0714-1160.jpg

◆成谷山を16時35分に通過。
 コースタイムは40分です^^;

DSC_0724-1205.jpg

◆伊折山を17時25分に通過

DSC_0728-1195.jpg

◆伊折山から先は、急な箇所が多くなります。


DSC_0731-1200.jpg

◆少し晴れて、谷の向かい側の山がよく見えています。

DSC_0742-1205.jpg

◆あれは毛勝山の稜線? 思いながら見ていました。
 帰宅後、地図で確認すると、毛勝山ではありませんでした。


DSC_0745-1200.jpg

◆登山口に19時に到着しました。
 ライトが不要な時刻に下山でき、ほっとしました。







◆僧ヶ岳

nice!(21)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 21

コメント 6

tochimochi

この時期に14時間の行動はすごいですね。
でも天気がよくいい思い出の登山になったでしょう。
雷鳥平付近は絵にかいたような景色で素晴らしいですね。

by tochimochi (2016-08-04 12:42) 

Jetstream

はやり立山の山域のスケールは雄大ですね。!(^^)!
今秋奥大日岳へ登りたいですが、室堂から奥大日~称名滝へ考えていました。 キツソウなんで室堂から奥大日を往復します。(笑) 大変参考になりました。 天気がよくて素晴らしい眺望ですね。 室堂の最終バス、もう1時間遅くしてくれると安心なんですが・・・昨秋大変な思いしました。
薬師岳は先週のぼりましたが、今回は立山方面はガスで見れませんでした。(泣)
by Jetstream (2016-08-04 22:17) 

喫茶こじろう

見事な山岳眺望です。北アルプスの峰々は急峻な山容が多く豪快ですね。
by 喫茶こじろう (2016-08-04 22:28) 

ちくわ

雷鳥荘にもし宿泊できなかったら、
どうしてたんですか?
下山?
by ちくわ (2016-08-05 02:25) 

joyclimb

yamさん、niceありがとうございます。

ちくわさん、niceありがとうございます。
 室堂で宿泊できない場合はどうしようかと考えながら歩きました^^;
徒歩の下山は無理なので、途方に暮れる状況です。策はありません。
 室堂には数件の宿泊施設があり、3連休の最終日なので、
 室堂付近で宿泊できると信じて歩き続けました^^;


喫茶こじろうさん、niceありがとうございます。
 青空の緑の斜面が作るすばらしい夏の山の景色でした!
 展望台、浄土山からは雄大な北アルプスの山並みを
 見ることができました。

Jetstreamさん、niceありがとうございます。
 称名滝~大日岳~雷鳥荘の後半は、足のトラブルもあり
 厳しい状況になりました。
 ガスに覆われると涼しくなり歩きやすくなりますが展望がありません。
 晴れると暑くなりますが、素晴らしい展望が広がります。
 1泊2日で歩くと、このコースを楽しめそうです。
 いろいろありましたが、
 夏山のすばらしい景色を楽しむことができました^^

kazgさん、niceありがとうございます。

tochimochiさん、niceありがとうございます。
 歩き続ける必要に迫られ、14時間歩くことなってしまいました^^;
 夏山のすばらしい景色を楽しむことができました^^

tokumichi さん、niceありがとうございます。
by joyclimb (2016-08-06 13:11) 

sinjitsu

カモシカ!!
こっち見てますね!
青空の山、見てるだけでも気持ちよくなります。
雪も残ってるってことは寒いくらいなんですかね?
下山したら、湿気にウッとなりそうです。
by sinjitsu (2016-08-11 23:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0